電車に自転車のっけて、

2011/08/01

そか、もう日本は8月やね。
慌ただしく日々が過ぎてゆき、
やっとこ休日らしい日を過ごせた。

地方電車に自転車積んで。
って言ってもほんまに普通の車両に積んでるんや〜、びっくり。
雑やな、、。
いいね、これ。電車おりたら山道を自転車です〜いすい。

こっち来て、最初ずっとセスが仕事忙しくてよーすけは家にいるし、私が二人連れて外に朝から夕方まで出てて、帰ってからはぐずる二人を横目に5人分の晩ご飯の支度、、。これ三週間ほど。
我ながらよく頑張った!
それから引っ越しして、ちょっと私にも仕事させて!ってことでバトンタッチ。
いやー、一人になって「ザ・仕事」、いいです。
セスに二人見てもらって。って行ってもオッパイタイムがあるから一日中ってわけにはいかんけど。
あと、セスパパの具合がずっと悪く、病院に行ったり来たり。
こっち来てて良かったなあ、って何度言ったことか。。。
そんなこんなでずっとばたばた、仕事も息抜きみたいに出来るのも最初のうち、最後はパソコン作業で目もばしばし、頭痛もしてきたり。

緑の中を自転車で走る。
これ、一番の回復薬やわ〜

走り出して駅からすぐにファーマーズマーケット。
いきなり寄り道。

なんて奇麗なお花たち!みんなオーガニックだって。
お野菜もきれい。
こっちのスーパーで買うおねぎはみんな先っちょをばっさり切ってあって冷蔵で、すぐに悪くなるんだけど、有機で新鮮なのがあったからゲット。
セスは真っ先に「ラディッシュ!」。で、それも。

で、向かう先はデコルドバ美術館
別に何も目的なくてもいいわ〜、って気もしてきたけど。
でもサブレットさせてもらってるお家のテーブルの上になにげに Andy Goldsworthyの写真集がおいてあって、やっぱりいいね、って言ってたら彼のショウがやってる!
じゃ、自転車で行ってみよ〜、ってことで。
そしたらしかも、自転車で行ったら入場料無料、だって。
太っ腹!
でも夏休み中は平日は無料らしいけどね。
子供も静かにする必要ないってわざわざ書いてあったり、家族連れにフレンドリーな美術館です。


中のちょっとしたコーナーに丸いシールに好きなこと書いて張ってもいいとこがあって、よーすけと同じぐらいの年の女の子が自分の名前とか書いてはってたから、よーすけも書きたい?って聞いたら、書く〜、って。
で、


何を書くんかな〜?って思って見たら。
場所も選んで一番下なんやけど(笑

見えるかしらん?
左下です。
「にほん。」
やられた〜!
かなわんわ〜
写真撮ってたらアメリカの国旗もあるからそれも一緒にいれて、ってことでこのアングル。
この頃国旗に興味があるようで。


帰りには外にある鉄琴で遊んで。きれいな音がなってたよ。

また電車に自転車積んで、どっか行きたいな〜
気持ちのいい一日が過ごせました。

ばななん

やっぱし自転車はいいわ〜

2011/07/04

なんかゆっくり書く時間がなかなかなくて、
伝えるべし事はペーストでちゃっちゃとやってたら、重たい内容ばっかり続いちゃうね、どうしても。
時代がそうなんだから仕方ない、って思いもするけど、
そんな中でもポジティブに行こう〜

てなことで、楽しいことを書いて行く事にするわ。

ほら、かわいいやん〜ww
別にこれはアメリカでなくても撮れる写真やろうけど(笑
朝のパンケーキにようすけ、ラズベリーを顔にして。写真撮って。

私らはこっちに来て、しばらくはセスのパパママのところにいつものようにいさせてもらってた。
でも今回は3ヶ月って事だからずっとってのはお互いしんどいやろし、って事でバカンスで空いてるお家を借りれることになった。
いとこのフリーダムが手回ししてくれて、、感謝。
そんでもってこれがまあ豪華。。
3階建ての一軒家。
そして地下には子供のプレイルーム!
双子の7歳の子供がいるからおもちゃもいっぱい、ようすけ最初っからぶっ飛ばしてます。
でっかいテレビもあって、さっそくスポンジボブのDVD見せてもらってました。
正直、でっかすぎるんだけど。はは。
しかもセキュリティーがあるから最初めちゃ緊張。
そんなん始めてやし玄関入ってピーピー鳴ると焦る。
でも豪華って言っても悪趣味でなくって、いいお家なん。
奥さんがイタリア人で食器なんかはイタリアのかわいいのやったり、植物も奇麗に育ててられて。
ただ、地下から洗濯もんもって2階に上がるだけでふーふー言わんなん。
家の中で走れる〜(笑)
ま、京都の家とダブル家賃はキビシいんだけど、それでもほんとはここケンブリッジのお家賃ってとんでもなく高い!それを京都の家賃と一緒の値段にしてくれた。
植物の世話と小鳥のお世話とね。
あ、でも庭には庭師さんがいらっしゃるから。
ちょっとそれ、残念。
でもこれ、人生で一番いい生活してるよな。
どう考えても下り坂〜〜〜、ぬぬぬぬ。
しっかり満喫させてもらおう☆


そして今はこちら、どこも紫陽花が奇麗。(ここにただいま〜って帰るんよ。嘘みたい、毎日。)
近所にはもっとでっかい紫陽花も発見。


紫陽花って強いからね。広いとこんなに広がるんやね。

そう、そして昨日、今回始めて自転車を購入〜〜〜!(じらじらしく玄関に置いてます)
中古やけど、もうこれが快適。

ああ、もう、視界が違う!
当然だけど、スピードが違う!
それとまだ今は私の自転車だけだからひとりで乗ったら最高に気持ちよかった。
アメリカの町を自転車で走ってみたかった。
ついに。
こっちくると自転車ないからよく歩けて良かったんだけど、地下鉄やらバスでは時間もかかるしいつもタクシーって分けにも行かず。
でも久々に自転車乗って、やっぱり自転車が一番いい、って思った。
車に一人で乗って自分一人になって落ち着くって人もいるけど、私は自転車に一人で乗って、なんてゆうか、
風が気持ちよく過ぎて行くと余計なものもさらっと流れて行ってるような気がしてきて。
人があまりいない道だと特にね。
ああ、でも車の多い道は緊張。
車道が反対側なのとこっちは自転車はほとんど車道を走る。
若い頃は私も京都で車道をぶっ飛ばしてたけど(命知らずでしたな)、子供持ってからは自分の命の重さを改めて実感し、車道は恐ろしくて。
でなもんで、恐る恐る車道を慎重に走ってみた。
でも出来るだけ、中道を行くようにしよう、、。

ああ、でもこれでちょっと買いもん行ってくるわ〜、って一人でしゃっと行けるやん!
今まではベビーカー押して(あ、でもこのベビーカーもこっち来て友達にお古をいただいた。それまでは抱っこひも!)ようすけ連れて歩いてのこのこ行ってたんだけど、時間がかなり節約できるわ〜ん。
セスも買うたらもっと自由になれる!

ここケンブリッジも車が多すぎて環境のことやら色々問題になってるけど、ここ最近、自転車人口が増えて来た。ガソリンもどんどん高くなるみたいやしね。
それで、情報探してたから、セスが道ばたであった自転車(めいちゃんがアメリカから持って帰ったエクステンション付きの!)置いて木の実見てる人に声かけたら色々話しが合って、子供乗せ椅子を借りれる事になったり、お家に行かせてもらったら庭で自家菜園してたり、布おむつしてたりオムツなしもやってる、とかこんな人に会いたかった!って家族で。。
セスって人の出会いにはかなり当たりがいいよな。

今まではケンブリッジはハーバードやらMITやらで学生ばっかりやし、あんまり面白い事もないよな〜、住むなんて考えられへん、って思ってたけど、楽しいこともあるかな、って気がして来た。
気の持ちようやね。
ポジティブに☆

ばななん

広瀬隆より、反原発運動について

2011/06/21

色んなところで重複してるかとは思いますが、ここでもあげておきます。

本文を読み終わった方は 是非「送電線の国有化を願う!1000万人の短冊署名!」http://maketheheaven.com/japandream/ に御参加下さい。

************

広瀬隆より、反原発運動についてひと言申し上げます!
2011年06月15日 | 日本とわたし

現在の反原発運動についてひと言申し上げます。
みなさんにもこれを広めてください。

電力会社の原発はほぼ5000万kWだが、
今夏のピーク時には、福島第一が廃炉になり、福島第二、東通、女川、東海第二が全滅し、浜岡が停止、柏崎刈羽が3基再起不能で停止、さらに全土で定期検査中の原発が運転再開不能のため、事実上1300万kWしか稼働しない状況にある。

この頼りない原発より、資源エネルギー庁が公表している産業界の保有する自家発電6000万kW(昨年9月現在)のほうが、はるかに大きなバックアップとしての発電能力を持っている。

画像
「原発の代替エネルギーとして自然エネルギーに転換せよ」という声が圧倒的に多いが、日本人が“快適な生活”をするために使っている電気の大半を生み出しているのは、現在は火力発電である。
この火力発電は、日本においてきわめてすぐれた世界最高度のクリーンな新技術を導入しているので、何ら問題を起こしていない。
決して原発が、電力の大半をになっているのではない。
原発は事故続きで4分の1も発電していない。

自家発電をフルに活用すれば、このすぐれた、クリーンな火力だけで、「まったく現在のライフスタイルを変えずに、節電もせずに、工場のラインを一瞬でも止めることなく」電気をまかなえる。
これは、将来、自然エネルギーが不要だと言っているわけではない。

多くの人が抱いている「自然エネルギーで代替しなければ原発を止められない」という、現在の反原発運動の固定観念は、まったくの間違いである。

将来のエネルギー構成をどうするべきかについてはここで論じないが、
原発を止めるのに、選択肢の一つである自然エネルギーは、今のところ特に必要ではない。
つまり、産業界を味方につけて自家発電をフルに活用し、原発を止めることのほうがもっと重要である。

週刊朝日6月10日号で私が特集したように、週刊朝日の記者が各電力会社に取材した結果、興味深い電力需給について裏の構造が明らかになった。
全国で、電力会社が他社受電の発電能力を秘密にして、取材にも答えようとしなかった。
特に九州電力だけは、「発電設備ごとの能力の内訳は公開していない。経営戦略情報なので教えられない」と、火力・水力・他社受電(自家発電からの買い取り)・原子力の内訳さえも答えないというトンデモナイ非常識な態度をとった。
この九州電力が、原発を動かせないので夏に電力不足になる、と言い立てている。

なぜ電力会社は、これら当たり前の事実を隠そうとするのか、という疑問から、ここで重大なことが明らかになった。

それは、「電力会社が自家発電をフルに利用すれば電力不足が起こらない」
この事実を国民に知られると、産業界からも、一般消費者からも、「送電線を自家発電の民間企業に解放せよ!」という世論が生まれる。
そして制度が改善されて、誰もが送電線を自由に使えるようになると、地域を独占してきた電力会社の収益源の牙城が崩れる。
送電線の利権だけは、何としても電気事業連合会の総力をあげて死守する必要がある、と彼らは考えている。
九つの電力会社にとって、福島原発事故を起こした今となっては、原発の確保より、送電線の確保のほうが、独占企業としての存立を脅かすもっと重大な生命線である。
そのため、自家発電の電気を買い取らずに「15%の節電」を要請するという行動に出てきたのである。

したがって日本人は、「自然エネルギーを利用しろ」と主張する前に、
「送電線をすべての日本人に解放せよ!」という声をあげることが、即時の原発廃絶のために、まず第一に起こすべき国民世論である。
何しろ、送電線が解放されて、安価に送電できなければ、自家発電ばかりでなく、自然エネルギーの自由な活用もできないのだから。

原発廃絶は、反原発運動の自己満足のために実現されるべきものではない。
産業界も含めた、すべての日本人のために進められるべきである。

広瀬隆

送電線の国有化!

2011/06/17

送電線の国有化を願う署名。
自由に自治体やら町内やら!でも電気が作れるようになりますように〜

*************

なぜ国有化なのか

日本の自然エネルギーの技術は世界トップレベル!
なのになぜ自然エネルギーの自給率が
低かったか知っていますか?

その原因の一つが電気を家庭に送る送電線を電力会社の一企業が独占していたからです。
一企業が独占していると送電線は自由に使えません。
道路を一企業が独占しているのと同じだからです。
本来送電線は公共物で、自由利用の原則に基づくものです。
ところが一企業が独占所有しているために、
企業や都道府県、市区町村などが大量の電気を作ったとしても、
公正な価格で販売することができず、その結果、

一方に電気があるのに社会全体では、
電気が足りないという現状が生まれてしまうのです。

『送電線が国有化されたならば、どうなるでしょう?』

送電線が自由利用の原則に基づいて接続自由になると、
企業や都道府県、市区町村は独自で電気を創りはじめます。
その多くは地域の特性に基づいた自然エネルギーとなるでしょう。

世界では一般的に認められている自然エネルギーに対する
固定買取制度により、それらの発電主体は豊かになります。

そして国有化された送電線を使い、地域で作った電気を地域の人が使えるようになるのです。

東京の電気をまかなうために、新潟や福島や青森で電気を作っています。
しかし、その電気は東京に届くまでの距離が遠いため、送電ロスが多くなるだけでなく、
費用も多額にかかるようになってしまいます。

スマートグリッド(※1)のように地域内での発電と配電が調整されれば、
このようなロスは避けられることになります。

もう多くの人が気付いているように、需要をコントロールすれば、
原発が全部止まったとしても電力は足ります。

デマンドサイド・マネジメント(※2)を実行すれば、
限りなく電源を開発する必要はなくなります。

しかも、その電源の多くがco2を排出する火力発電です。
しかし送電線が国有化されるとともに民主化されれば、
自然エネルギーから電気がどんどん販売できるようになり、
火力発電をフル回転させなくてもよくなっていきます。
送電線の国有化が実現すれば、割高な原発からの電気は抑制され、結果、電気代は安くなります。
それぞれの地域が独自でエネルギーを生めるように、送電線の国有化を望む署名を集めたいと思います。

*****

※1『スマートグリッド』デジタル機器による通信能力や演算能力を活用して電力需給を自律的に調整する機能を持たせることにより、省エネとコスト削減及び信頼性と透明性の向上を目指した新しい電力網 。

※2『デマンドサイド・マネジメント』電力消費に関して、消費者側が管理制御に関わること。消費者が制御に参与し、需要量の制御を行うことによって、需給の協調を実現、より効率的で無駄のない需給システムを形成しようというもの。

『一ヶ月で1000万署名に向けて具体的にやる事』

今回、日本中に一気に送電線国有化という風が吹くように
一ヶ月という短期間で署名を集めたいと思います。
ぜひ、一緒にこの一ヶ月、あなたの力を貸して下さい!

http://maketheheaven.com/japandream/

京都でのゴミ問題

2011/06/16

日本全国で被災地のゴミの引き取り問題がありますが、京都ではなんと年間5万トン、受け入れ可能、と回答したって、、。
5万トン!
もちろん汚染してないゴミなら受け入れてみんなで助けていくべきでしょう。
原発の事故がなかったらもっと早く片付いてるはず。
でも高濃度の汚染をしているゴミなら焼却すれば二次汚染の可能性があります。

こちらも京都のママパパ頑張ってます。
署名にご協力ください!

http://houshanou-shomei.blogspot.com/2011/06/blog-post_08.html

ばななん

東海岸にて

2011/06/16

先週あたま、正直、何がなんだかよく分からないまま日本を出て来た。

2週間前にチケットを取り、ばったばたで二つの講演会を済ませ、あれやこれやと問題事も嘘みたいにどんどん解決し、荷物もなんとか詰め込み、出発。。。

はははー!!出来たーっ!!

家を出てタクシーに乗った瞬間、

しーーーーん。

ふう、、、。

もう忘れ物してようがもうどうでもいい、出た。
もうばたばたは終わり。
と、思ったらESTAの申請し忘れ。
ぎゃ〜〜〜!!
ま、私以外はアメリカのパスポートで乗るとして!
で、関空でも搭乗までばたばた。
何やってんだか。

出発前、色んな人が会いに来てくれた。

ばたばたわたわたしっぱなしの私らに会いに来てくれる。
ばたばたわたわたどきどき。。
なんてみんな温かいの。
私はみんなに愛をいっぱいもらって溺れそう。
あっぷあっぷあっぷ、ぶくぶくぶく、、、溺れた。

そんで、私はみんなに愛をあげられているんだろか。
自身がない。
もらってばっかり違うか、、。

福島の事故があって、世の中は一変した。
新しい時代が始まった。
気がついてる人がどれぐらいいるのかは見たところ全然分からないけど、たくさんの日本人が目を覚ました。
今までやったことなかったけど、、と言いながら始めての事をやる人がいっぱい!
デモに参加したり署名活動始めたり集会に参加したり、、。
京都のお母さんたちはほんとすごいよ!多分、全国のお母さんたちのパワーはほんとすごい。
それと、なんてゆうのか、うん、輝いてる。みんな美しい。
我が子を守るためなら何でもやるで〜。
政府の言う事はもう信じられない。
ほな自分らでなんとかしていかな!ウス!
3.11以降、色んな出会いがあった。
全ての出会いに意味があるように思えて。
そんな最近出会った人たちからも、いってらっしゃい!の電話やメールもいただいた。
講演会をありがとう、の言葉もいただいて、、。
自己満足で終わらずに良かった(泣)。

ちょっと日本を離れて色々ゆっくり考えてみます。

そして、もひとつ、
ようすけが一ヶ月ぐらい前からアトピーに。

時期的に黄砂やら花粉が全盛期の時に始まったからきっかけはその辺やろう、と思うけど、私らのストレスは少なからず受けてるんやと思う。
原発事故、それに関する色々、そんな時には他にも色々問題があり、ばたばた、、。
本人は平気そうな顔して、ふざけたりしてるものの。
顔に出て来たから見てる私は心臓を刺される思い、、。
去年のとびひを思い出すわ。
今回は皮膚科へ連れて行き、見てすぐアトピーと診断され、塗り薬を処方してもらい。
ステロイドは前から断ってるから抗ヒスタミン剤の塗り薬をしばらく使う事に。
ビワエキスは痛がるから今回は使えず、お母さんのアドバイスによりムカデ油も使ってみたけど、とびひみたくどんどん広がるのが怖くてもう今回はおとなしく渡された塗り薬をぬりぬり。
京都では見つからなかったホリスティックの医院に行ってみようか。
こちらのホメオパスさんにも見てもらいたい。
せっかくだからゆっくり完治させてやりたい。時間はあるからね、。

そう、こっちに来たら、私時間がいっぱい出来るわ〜〜♪
と、思ってたら、
そうや、よーすけ家にいるんや(ガーン)。
京都にいてるより、自分の時間がないやーん。ぐすん。
おまけに、セスパパがいつものように毎日美味しいご飯作ってくれるし〜♪
なんて思ってたら、
右腕を痛めてて、お料理できない!なんと!
ほいでもって、私が毎日5人分の飯炊き。。。
ま、お役に立てるなら有り難いっス。
私のごはんを喜んでくれるし。

そんなこんなでこれからしばらくは、from東海岸、ってことで。

おまけ:ようすけが出発前に書いてくれたかわいい絵。ここんところ、ずいぶん奇麗な色の絵を描いてくれるようになった。1年前にはピンクやら黄色は女の子の色やし、と色を区別してたけど、この頃構わないみたい。「これはアキラの花、これはママの花、これはパパの花、これはばーちゃんの、、、」。嬉しいわ。
(団子の絵もあります 笑)

ばななん

何を食べていいのか

2011/05/31

ようやく決心。
と、思ったらもう来週。マイレージでチケット買おうと思ったら、ノーチョイス!
ほんとは今年はお金ないからアメリカ行けないよ〜、とセスのパパママには言ってたんだけど、マイレージのことを思い出して良かった!
(去年に引き続き出してなんかもらえないよな、と)

来週からアメリカしばらく行ってきます。

迷い迷って。
最後には守田さんに後押しされた。
私たちの選択を「強く支持します!」、、と。
有り難いメールをもらった。もう泣けちゃったよ。

京都にいて、やりたいこと、やるべきこといっぱいあるやん!と思い、なんとかなるやろうと思ったりもしたけど、ああ、でもこの小さい自分の子の事は私らが守らずに、考えずに誰が考えてくれると言うのか。
中には、心配し過ぎやと言う人もまだいる。
それでも分かってくれる人は分かってくれる、それでいい。
「うん、うん、行っといで!」
私も行くとこあったら行きたい〜、って人も何人もいる。
そういわれる度に胸が痛む、。

もう出発までに出来る事最大に!やって行こう、と決めた。
出発決めてチケットとれたのが、2週間後!うへ!
ま、なんとかなるか〜、いつものごとく。
そんで、今やりたいこと、私も知りたいこと、食べるものについて。
そう、みどりさんにお話会してもらいたいな〜、連絡先聞いてたかいな、と思ってたら。
アンテナびしびし張ってたのかな〜、保健所の待ち合いで待ってて、名前呼ばれてドアが空いたらみどりさんが中から出て来た(笑!!)前客?でした。
これはもうやるしかないやろ〜。
それから5日後の日にちを決めて、強行突破。
にも関わらず、たくさん集まってくれて良かった、、、ほっ。
30人強。

そいでまだ何にも出発準備出来てな〜〜い。あは〜。

まさか15年前のパリの悪夢は二度と起こらないように。。
パリのアパート引き渡しの日、大家さんが鍵を取りにアパート取りに来たとき、私の部屋は、、そのまんま!
ぎゃ〜〜〜っ。だってだんだん片付いていくのって寂しい、って思ったら何から手をつけていいやら、で当日になってしまった、って訳。ああ。
大家さんも一緒に荷物詰めしてもらったの私ぐらいちゃうか〜、、、。スミマセン。

はて、明日からそろそろ準備始めよう〜〜

ばななん

イタドリ

2011/05/16

GWにはあきらのために新しく新調してもらった緑の小さい鯉のぼりに会いに田舎へ。

山菜採りも今年はワラビに加えてイタドリも。

始めて採ったけど、採るのがひとつの楽しみ。
いい音がするのね。ぽきっ!と。

お母さんが作ってくれたおひたしがとっても美味しくてまねしてみたら全然違う味になった、、。
ううーん。
でもジャムにしてもルバーブみたいで美味しいってことで煮てみたらこれが美味しい〜〜。
これでパイとか作ったら美味しいかも!

ばななん

出町柳写真展

2011/05/14

なかなかゆっくりブログ書くためにパソコンにゆっくり向かえないけど、書くことたまってきたな。

アカテレのイベントも楽しそうな事増えて来た。
私たち、ついついのんびり構えてしまってるんだけど、ほんとありがたいことに周りから声をかけてくださり、新しいご縁が次々と。
そしてまた、隣のファラフェルオープンときにいらした神主さん?みたいな人が、ここ一帯(半径100メートルぐらい?)は人が集まるパワーがいっぱいありますね、って言われたのを思い出す。
のんびり構えてても集まってもらえる。
覚えにくい意地悪な名前つけても集まってもらえる(笑)!
感謝です。。

産後、アキラが動き回るまでにゆっくり人に会っておかな!ってことで。
この頃は友達とランチしたり、お茶したり。
貴重な時間や〜。
昨日はクレー展に行ってきた。
すごい人やった。
やっぱし早めに行かんとあかんね。
しかもアキラはぐずぐずするし、結局ゆっくり見れず。
作品もなんかそのせいかぴんとこなくて。
もちろん良かったんだけど。
それより、来てる人見てる方がよほど面白かった。
面白そうな人いっぱいいるな〜、って。
特にかっこいい年配の女性が何人もいらして、そっちばっかりに目がいってた。
あんなふうになりたいな〜、なんて。

出町のアカテレで、今月23日から出町柳の写真展が始まる。
かぜのねのはるちゃんらが企画してくれて。
アカテレでは23日〜28日まで、と6月5日のサンデーマーケットの日にも展示。
少し、写真を見せてもらったけど、昔の写真ってほんと面白いなー。
出町の駅もすごくいい感じ!
近くに牧場があったとか。
家の前には映画館もあったらしいし。
面白い写真展になると思います。
会場は出町柳の色んなお店やら外にも展示するのかな。
また詳しく分かればアップして行きます。
ってもうすぐよね、、。

ばななん

今月17日に講演会あります

2011/05/02

お知らせです。

************

「これからどうなるの?どうすればいい?ー守田敏也さんを迎えて」
~明日に向けて  福島原発事故…ゆっくりと、長く、大量に続く放射能漏れの中で、私たちはいかにいきればよいのか。共にかんがえましょう。~

今も放射能を出し続ける福島第一原発。
メディアからは今、どういう状態なのかよく分からない。
だんだん危機感も薄れてくる。京都はけっこう離れてるし。
それでも原発では今も決死の作業を続けてくださってる人がいる。放射能をいっぱいあびながら。
守田さんに、今原発で起こってる現状やこれから起こりうる可能性などについてお話していただいた後、質疑応答、みんなでこれからどうすればいいのか、一緒に考えたいと思います。
お子様がいらっしゃる方にもぜひ来ていただきたいので、平日の昼間と夜の2回、行います。
参加無料。

2011.5.17(火) ①pm1:30~3:00  ②pm6:30~8:00
出町柳アカテレテコベソベサーバ 京都市左京区田中下柳町3-17

*守田敏也(もりたとしや)
同志社大学社会的共通資本研究センター客員フェローなどを経て、現在フリーライターとして取材活動を続けながら、社会的共通資本に関する研究を進めている。

問い合わせはこちらまで
sovesahva@sovesahva.org
http://www.sovesahva.org