Archive for the ‘from U.S.’ Category

ケンブリッジです

2011/10/22

これ、どっちがどう、って、
どっちもどう!
パンプキンはすごくデカくて、リンゴもすごくちっこい!

ケンブリッジには12日の早朝、飛行機で到着。
空から見下ろすケンブリッジ、ボストン辺りは紅葉し始めてた。
そうかー、もう秋なんや、と。

街はハロウィーンの準備もちゃくちゃくと。
お家の前にはパンプキンが。
もうくり抜いてこわ〜い顔作ってあるところも。
今からくり抜いてて、31日のハロウィンまでカビずにもつんだろか??
湿気てる京都では無理やろうけど、そうか、こっちは乾燥してるから大丈夫なんかいな〜、とか思ったり。

京都の滞在はあっというま、、。
一ヶ月ちょっとってどんなもんかいな〜、と思ったけど、会いたい人にもちゃんと会えず。
人生最大のバタバタ劇でした。
最後はセス共々毎日寝不足で昼間も走り回り。。
出発の時には荷物も山盛り、タクシー一台では全然乗り切らず(セスがタクシーに電話してただ、「荷物いっぱいです」って。。)もう一台呼んでもらい(携帯も家の電話も解約して電話もかけられず!)、近所のおっちゃん、おばちゃんもあわあわと心配そうに、「なんかやることあったら手伝うよ、、」と台所でアキラおんぶしながらガチャガチャやってる私に声かけてくれる。
なんとか荷物も乗って、「いってきまーす」。
ご近所のみなさんに心配そうに手を振って見送ってもらった。
なんかマンガみたいやな、と一人笑えてしかたなかった。

バッタバタでしかも時間もなくお金もないとなんか笑えてくるん。
出町の荷物運びは車の無い私ら、どうしよ〜、レンタカーか?またリュースケ?と、思ってたらありがたいね、ちーちゃんから「運ぶで〜」。
ほんま持つべきは友とはこのこと!
いっぱい運んでもらい、めちゃ助かり。
ありがとう。
その間とか最終的な細々を自転車で。
最後の最後はセスと私、自転車2台で。
タクシーでいいんちゃう〜?と私。
行ける、行ける、とセス。
これがすごいで、
後ろにはそれぞでようすけ、アキラを乗っけて、前にも荷物いっぱい。
どんな乗せ方って、セスの自転車の前には虫取りアミの中になぜかラップと靴が。
もう、また自転車こぎながら笑い転げそうやったわ。
いい加減車買えよ〜、と自分でつっこんでたわ、私。

ほんで、ケンブリッジ。
こっちは京都みたいにあっちもこっちも自転車、って感じではなく、本気チャリダー(チャリでは決してないか、ライダー?)ばっかりで、車道のみ。しかも一通とかも守らんといかん。
そういうことで子供乗せてても車道。
これが緊張する。
これこそいい加減、私らもマイカーやな〜、とか言ってたんやけど、実際考えるとどこにそんなお金あるねん〜。
家賃がまずべらぼうに高く、たまに(1〜2年に一回ぐらい、、)京都に帰りたい、と思ったらまったく余裕無し!シェアカーぐらいなら、、ってところか。
結構カーシェアリング見かける。
調べてみよう〜

そんなこんなでアメリカ生活始めた。
なんかしばらく生活もやけど、頭の中もいっぱいで何がなんだか整理つかず。
考えたらそもそもなんでアメリカ来たんやー、とか思ったりも。。
最初は放射能汚染から離れてアメリカへ移住した方がええんか?とか考えたりしてとりあえず3ヶ月アメリカへ来てみたらセスパパ、エリーの具合が急に悪くなり。
生活自体は、私はやっぱり京都の方がいいな、ケンブリッジではなかなか面白い事、面白い人見つけるの難しそう、ってへこたれそうやったけど、セスはもうエリーのそばにいたいって決心してた。

そうやな、今まで私の親の近くにいてもらって田舎の事も色々してもらってたし、今度はセスのパパママの近くにいてもいいか、と決めた。

そんで、日本に帰ったらようすけの具合がまた悪くなって、例のオーリングで内部被ばく宣告。
最初に言われたときは、やっぱりそうか、もう、何が何でも誰に何を言われようと汚染してそうな物は我が子には食べさせない!!って思った。
思った、けど、オーリング自体、どうなんや、という不信感が。
前からオーリングってもんには興味あったのと、やっぱり、って感じで最初はガーン、とそのまま先生の話を信じてしまったけど、色々聞いたり考えたりするうち、オーリングを使うなら使うでもうちょっと時間かけてせんとあかんもんやろな〜、ぐらいに。
あちこちに色々心配かけてしまったり、色々教えてもらったり。
お騒がせしてしまってごめんなさい。
みんなありがとうね。
私が一番びっくりしたのは、いつもふわ〜っとしててミラクル?好きなSが話を聞いて憤慨した様子で、
へえ!?そんな事言うて母親にショック与えるなんて酷すぎる、、!!サイキックな事は信じるけどそもそもそんな能力がある人やったら何も使わずに(物質を握らせて指でわっか作らんでも)自分で感じるだけでええんと違うんか!?酷すぎる、、、!!それでアメリカに行ってしまうんか!?(それで、ではないけど、苦笑)
などなど、英語やったから、完全には分かってないけどまくしたててた。
いつもおっとりしてる分、顔を真っ赤にして怒ってたSの思いが有り難かった。。

それと保育園の弁当も一ヶ月続けた。
結局、ずっと弁当持ちはよーすけの園では一人だけやったみたい。
給食の先生にも色々言いたかったけど、まとめてみようと思ってるうちに、これもどうなんやろう、って。
他のお母さんたちはほんと気にしてない人は気にしてない。
気にしてないっていうよりも、気にしてられない、ってところと思う。
あまりたくさんのお母さんたちとは話せてないけど、仕事で忙しいお母さんはそんな余裕もない。
「うちの子もある程度は汚染してるのも食べてるやろな〜」
最初はそれが信じられへんかった。
私は一回、我が子が内部被ばく宣告されて、シュミレーションみたく、ああ、いつの何を食べさせたんがあかんかったんやろう、、がぐるぐる渦巻いて、絶対汚染した物を避けて行くわ!と意気込んだもんやから。
被ばく宣告自体が怪しくなってきたのもあるけど、やっぱり日本にいてたら全部を避けるのは無理や〜、ってなってくる。外から見たら正常性バイヤスが働いてるって見られるみたいやけど、中に入るともしかしたら私もそのなかに入ってたのかもしれん。
そう色々考えてると、給食の事も何も言えなくなった。
余計な心配するより、ま、大丈夫やろう〜〜、って本気で思えてるならもしかしたらそれが何よりなんと違うか、とも。
心配するストレスが一番痛いんと違うかな、とか。
今、子供の事を心配してるお母さんらが一番最初に具合が悪くなるんと違うやろか、とも思えてくる。
国が499ベクレル/kg以下の汚染物を全国にまわすなら、どうせなら原発事故自体、知らなかったら気にせず色々美味しく食べれてたんと違うかな〜、とかも。。
でも今までから輸入品でも200ベクレルとかやったら入ってたってことやしね。
日本の物でも今まで知らんかっただけでセシウムとかあったし、中国産の物なんて桁違い。
中国産なら有機物でも汚染してる、って、悲しい。
知れば知るほどどんどん出てくるよ。
知らん方が良かったんかー!?とか思ったりするけど、いや、知ったからにはどうにか止めて行かんと!って思えるやん。
今まで黙って絶えてた日本人もついに声を出し始めた。
デモも様子が変わって来た。
2001年に反戦デモに参加してみたときは、戦争、はんた〜い!になんか違和感を感じたけど、今年の脱原発デモは回りで見る人の目も、ああ、そうね〜、やったり、途中から参加する人もいたり、人数も京都でも千人単位にまで!(やったよね?)
行動起こすことの大事さもまた実感した。

ま、それで、これからどうしたらいいのか。
ほんまは日本にいて、免疫力を高められる美味しい和食を食べて、家族やら友達とやいやい楽しく暮らす事、が一番ええんとちゃうかな〜、と思う。
私も、やっぱりアメリカ引っ越すのやーめた、ってなりかけたけど。
決心した事。
こんな事でもなかったら40目前にして、また一からの生活を始めるなんてチャレンジも出来なかったかもな〜、と前向きに考えて。
今まで適当にごまかして来た英語もいい加減やれよ、ってことかもしれん、とも(苦笑)。

大好きな京都を離れるのはつらいし、家族やら友達と離れるのはもっとつらい。
ついつい、“アメリカへ移住”って言葉を避けてしまう。ちょっと行ってくるとかすぐ帰ってくるから、とか、自分の口から長期で行くような事を断言するのが怖くてさ。
15年前に一人、パリへ出発するって決めた時は実はあんまり考えてなかった。
それで、出発の前日の晩、急に自分が決めた一大事におののき、私はいったい何を考えて何をやろうとしてるんやろう、、と怖くなり、一人部屋で泣いてたのを思い出した。
一年後に無事に帰って来てまた家族そろって楽しい食事が出来ますように、って祈ったのを思い出した。
でも今回は新しい家族も一緒に出発する。
随分心強い。
一人と違うもんね。
震災の後、なんか友達との距離が随分短くなったんやな〜、って気がついた。
仲のいい友達とは考え方やら価値観も近いしお互いどうしたらいい、こうしたらいい、って教え合い。
これって命にかかわることやからさ、大げさみたいやけど。
私はアメリカへ行くんかもしれん、と思って、友達と一緒にいると、私はみんなのことが大好きやー!って離れる事がつらかった。
大事な友達がこんなにいるってほんまに幸せな事なんやって分かって良かった。
こっちでも、たくさん、なんて言わないから一人でもこんな大事な友達が出来たらええな〜、と思う。

出町のアカテレはみんなで色々続けて行ってくれるって。
お留守を守ってくれるあさみさんとダニエルも楽しそうにやってくれそう。
新しいサイトも作ってくれるとか??
そんなことで、このブログもどうしようかな〜、と。
そもそも、なんのブログかよく分からんかったけど。はは。
もしかしたらどっかで新しく始めるかも〜
そしたらこっそりリンクでも貼ろかな。

先日は私ら不在での15日のフリマ、大盛況やったって。
良かった〜
でも楽しそうな写真見ると、私も行きたいー!!ってうずうず。
帰った時の楽しみにしておくわ〜

こちら、そろそろ我が家のパンプキンもくり抜かんとね。
ハロウィーンには自分たちのアパート見つかって落ち着けたらいいな。
ま、遅くてもクリスマスにはね、☆☆☆☆☆!

ばななん

広告

帰ってきました〜

2011/09/01

こっちも台風やった〜
関空におりる時になかなかおりれず、なんやろな〜、って思ってたら。
こっちも台風来てたんやね。知らんかった。
ハリケーンはいつもとちがうルートででっかいのが来るってゆうので、ボストンエリアでも買い出しやらでスーパーはにぎわってた。
私らも向かいにホールフーズがあるとはいえ、一応少し水と食料を。
もしかして浮き輪とかも買った方がいい?と我ながら自分の心配症を苦笑しつつも本気で思ってた。来年海にも持って行けるし〜、って。
でも道がそれたようで勢力も弱まって来たって分かって、なんかちょっとがっかり?
不謹慎やと思いつつもなんか台風と同じく、ほんまの怖さを知らんばっかりにエキサイティングしてしまうー。。。

なんやけど、
ハリケーンが来る日曜日には一日とじこもり。
セスは最後の仕事で缶詰状態。
そんで子供達と外に出れないってことでどうなるやら、と心配はよそによーすけは朝から次から次と自分で遊んでくれてずっと楽しそうやった。ほっ。
途中、近くで、バンっっっ!っていやな音がして、フィ〜〜ん、と電気が消えたりして、おおお〜〜。
でもすぐに復活。
すぐに消防車やらがサイレンならして5台ほど家の前にやってきて、物々しい感じ。
夜、9時頃に30分ほどまた停電になったけど、懐中電灯でちょっと出歩いてみたりそんなたいしたことなくて良かったね、なんて思ってたら。
次の日、出かけたら結構ひどかった。

やっぱり普段、ハリケーンなんてこないから大きな木がいっぱいあるケンブリッジ。
根っこから倒れて、根元のコンクリートまで浮き上がってるのが結構あった。
風の力ってすごい。
あらためて自然災害の怖さにぞっとした。

もうどこも何があるか分からんね。
このハリケーンの前には、まさかまさかの地震もあったし。
これまた地震知らない東海岸の人たちにとってはパニックもん。
どこが安全なんか。

でも私らやっぱしアメリカに引っ越すかな〜
最初は放射能から逃れようって目的やったけど、ま、それは探せば(サーチせんと出てこないけど。アメリカのトップシークレットみたいね、放射線の内部被爆情報って。)アメリカもけっこう汚染してた、って出てくるんやけど、3ヶ月の間に他にもアメリカに住む方がいいって理由が出て来て。
セスパパも調子が悪くなったし、セスママも近くにいてほしそう。
それとよーすけのアトピー。
アメリカに行って、二週間ほどで、治った。
治った!
向こうに着いてからもすばらく塗り薬を使ってたんだけど、症状はあんまり変わらないようにも見えたけど、原因を考えたら(勝手に)アメリカに来ただけで治るんと違うか、と。
で、途中でやめてみた。
そしたらひどくなる様子もなく、そのままフェードアウト。。
なんやったんやろ〜、って。
やっぱり黄砂?ストレス?全部か?

ほいで。
昨日の夕方京都に着いて、今日天気も悪いし家にいたんやけど、やんだ時に近くの公園でいとこのよしくんらと遊んでたらなんかおかしい、、。目の周りが赤くなってなんか痒がりだした。
ちょっと帰ってシャワーしてみ。
で、シャワーしたら治った。
なんなんやろ。

明日、噂のオーリングで見てくれはるアレルギー科の先生のところへ行ってみます。

どんな診察なのかしらん〜

ばななん

8月のGreen Sunday Market + Cafe

2011/08/03

8月7日の日曜日、出町のアカテレでサンデーマーケット開催されます!
今回は農家さんもう一組!!参加です〜〜
地元産で無農薬、今すごくありがたいですね。
私たちが参加出来ないのは残念だけど、お近くの方、ぜひ、のぞいてみてくださいね。
レギュラー陣の参加は、
小柳さん、京都、滋賀のお野菜集めてくれます。
下鴨のユーゲからあきやんのマクロビスイーツ。
AOWのあきちゃんの天然酵母パン。
むっちゃんの材料にこだわった優しいスイーツ。
カフェではみくカフェでまた今月も美味しいもん出してくれる!?
先月はマクロビアイスやら冷たいスープがあったのね、、うううーー。
時間など詳細はこちら参照ください☞

こちら、ケンブリッジでもファーマーズマーケットの偵察に、、。

ハーバード大学の近所だけあって観光客らしき人もいっぱい!
こっち来てこんなに人がいっぱいのファーマーズマーケットは始めて。
たしか新しめのマーケットなんやけど、今住んでるところから一番近いからちょっくらのぞいてみよ〜、って感じで。
昨日はもひとつ、Central Sq. の近くのマーケットにも行ったけど、値段が結構違うぞ、、。
今日行ったハーバードSq.のとこはやっぱ観光地だけあって、値段も強気、です。
昨日はオーガニックコーンがひとつ0.75ドルやったんが今日は1ドル。
ケールなんかも昨日は大きいたばで売ってくれてた。
Central Sq.の方へ通った方がいいわね。

ケンブリッジでは毎日、どこかでファーマーズマーケットやってる。
増えたみたいね。
4カ所は行ってみたけどまだあと3カ所あるってことやね〜
うす、全部のぞきに行ってみるわー!
先週NYから来てたガイ兄もNYでもファーマーズマーケットがすごく増えてるって言ってた。
ファーマーズマーケットだけで買い物が出来たら理想やねんけどね〜

昆布茶!
ソフィーがアカテレのマーケットで振る舞ってくれてたのをいただいて、名前から想像してた味と違って衝撃的!やったけど、結構好きやったわ〜。
でもこれまたちょっとお高てカップ一杯3ドル。
話すと優しそうなおじさんだったからいっかいぐらい試してみよう。

このペーストリーやさんはお昼時やから?行列出来てた。
このおねえちゃんが売ってるとさらに美味しそうに見えるからずるい。
どこのファーマーズマーケットもオーガニックの野菜作ってるとこは一件ぐらい。
でもスーパーでオーガニックの物おいてあってもカリフォルニアからのお野菜が多い。
西海岸から東海岸へ、同じアメリカとはいえ、距離的にはカリフォルニアから日本へ、と変わらんの違う??
でも値段は安い。んん〜、どうして?(あ、でもガソリン代があがったから、ってメキシカンのお店、先週値上げしてたわ)
オーガニックが安く手に入るとはいえ、やっぱし新鮮ではないのよ、、。
んだもんで、ファーマーズマーケットでローカルなオーガニックはほんと嬉しい。
ホールフーズは大きくて便利だけど遠くからの物も多い。
でもお野菜の表示にオーガニックのもの、それとローカルの表示もあって、近くの物も選べる。
これはいいよね。
ちゃんと何マイル運ばれてきたか、なんてことも書いてあったり。
どこまでそれを気にして買ってる人がいるのか、ってのは疑問だけどー。
色々考えてもファーマーズマーケットは農家さんから直接買えるから農家さんにとってもいいだろうし、作ってる人の顔が見えるってのは一番いいよね。
と、マーケット、って行くだけでなんか楽しいやん〜
そうそう、結局これなんよね(笑)。

ばななん

電車に自転車のっけて、

2011/08/01

そか、もう日本は8月やね。
慌ただしく日々が過ぎてゆき、
やっとこ休日らしい日を過ごせた。

地方電車に自転車積んで。
って言ってもほんまに普通の車両に積んでるんや〜、びっくり。
雑やな、、。
いいね、これ。電車おりたら山道を自転車です〜いすい。

こっち来て、最初ずっとセスが仕事忙しくてよーすけは家にいるし、私が二人連れて外に朝から夕方まで出てて、帰ってからはぐずる二人を横目に5人分の晩ご飯の支度、、。これ三週間ほど。
我ながらよく頑張った!
それから引っ越しして、ちょっと私にも仕事させて!ってことでバトンタッチ。
いやー、一人になって「ザ・仕事」、いいです。
セスに二人見てもらって。って行ってもオッパイタイムがあるから一日中ってわけにはいかんけど。
あと、セスパパの具合がずっと悪く、病院に行ったり来たり。
こっち来てて良かったなあ、って何度言ったことか。。。
そんなこんなでずっとばたばた、仕事も息抜きみたいに出来るのも最初のうち、最後はパソコン作業で目もばしばし、頭痛もしてきたり。

緑の中を自転車で走る。
これ、一番の回復薬やわ〜

走り出して駅からすぐにファーマーズマーケット。
いきなり寄り道。

なんて奇麗なお花たち!みんなオーガニックだって。
お野菜もきれい。
こっちのスーパーで買うおねぎはみんな先っちょをばっさり切ってあって冷蔵で、すぐに悪くなるんだけど、有機で新鮮なのがあったからゲット。
セスは真っ先に「ラディッシュ!」。で、それも。

で、向かう先はデコルドバ美術館
別に何も目的なくてもいいわ〜、って気もしてきたけど。
でもサブレットさせてもらってるお家のテーブルの上になにげに Andy Goldsworthyの写真集がおいてあって、やっぱりいいね、って言ってたら彼のショウがやってる!
じゃ、自転車で行ってみよ〜、ってことで。
そしたらしかも、自転車で行ったら入場料無料、だって。
太っ腹!
でも夏休み中は平日は無料らしいけどね。
子供も静かにする必要ないってわざわざ書いてあったり、家族連れにフレンドリーな美術館です。


中のちょっとしたコーナーに丸いシールに好きなこと書いて張ってもいいとこがあって、よーすけと同じぐらいの年の女の子が自分の名前とか書いてはってたから、よーすけも書きたい?って聞いたら、書く〜、って。
で、


何を書くんかな〜?って思って見たら。
場所も選んで一番下なんやけど(笑

見えるかしらん?
左下です。
「にほん。」
やられた〜!
かなわんわ〜
写真撮ってたらアメリカの国旗もあるからそれも一緒にいれて、ってことでこのアングル。
この頃国旗に興味があるようで。


帰りには外にある鉄琴で遊んで。きれいな音がなってたよ。

また電車に自転車積んで、どっか行きたいな〜
気持ちのいい一日が過ごせました。

ばななん

やっぱし自転車はいいわ〜

2011/07/04

なんかゆっくり書く時間がなかなかなくて、
伝えるべし事はペーストでちゃっちゃとやってたら、重たい内容ばっかり続いちゃうね、どうしても。
時代がそうなんだから仕方ない、って思いもするけど、
そんな中でもポジティブに行こう〜

てなことで、楽しいことを書いて行く事にするわ。

ほら、かわいいやん〜ww
別にこれはアメリカでなくても撮れる写真やろうけど(笑
朝のパンケーキにようすけ、ラズベリーを顔にして。写真撮って。

私らはこっちに来て、しばらくはセスのパパママのところにいつものようにいさせてもらってた。
でも今回は3ヶ月って事だからずっとってのはお互いしんどいやろし、って事でバカンスで空いてるお家を借りれることになった。
いとこのフリーダムが手回ししてくれて、、感謝。
そんでもってこれがまあ豪華。。
3階建ての一軒家。
そして地下には子供のプレイルーム!
双子の7歳の子供がいるからおもちゃもいっぱい、ようすけ最初っからぶっ飛ばしてます。
でっかいテレビもあって、さっそくスポンジボブのDVD見せてもらってました。
正直、でっかすぎるんだけど。はは。
しかもセキュリティーがあるから最初めちゃ緊張。
そんなん始めてやし玄関入ってピーピー鳴ると焦る。
でも豪華って言っても悪趣味でなくって、いいお家なん。
奥さんがイタリア人で食器なんかはイタリアのかわいいのやったり、植物も奇麗に育ててられて。
ただ、地下から洗濯もんもって2階に上がるだけでふーふー言わんなん。
家の中で走れる〜(笑)
ま、京都の家とダブル家賃はキビシいんだけど、それでもほんとはここケンブリッジのお家賃ってとんでもなく高い!それを京都の家賃と一緒の値段にしてくれた。
植物の世話と小鳥のお世話とね。
あ、でも庭には庭師さんがいらっしゃるから。
ちょっとそれ、残念。
でもこれ、人生で一番いい生活してるよな。
どう考えても下り坂〜〜〜、ぬぬぬぬ。
しっかり満喫させてもらおう☆


そして今はこちら、どこも紫陽花が奇麗。(ここにただいま〜って帰るんよ。嘘みたい、毎日。)
近所にはもっとでっかい紫陽花も発見。


紫陽花って強いからね。広いとこんなに広がるんやね。

そう、そして昨日、今回始めて自転車を購入〜〜〜!(じらじらしく玄関に置いてます)
中古やけど、もうこれが快適。

ああ、もう、視界が違う!
当然だけど、スピードが違う!
それとまだ今は私の自転車だけだからひとりで乗ったら最高に気持ちよかった。
アメリカの町を自転車で走ってみたかった。
ついに。
こっちくると自転車ないからよく歩けて良かったんだけど、地下鉄やらバスでは時間もかかるしいつもタクシーって分けにも行かず。
でも久々に自転車乗って、やっぱり自転車が一番いい、って思った。
車に一人で乗って自分一人になって落ち着くって人もいるけど、私は自転車に一人で乗って、なんてゆうか、
風が気持ちよく過ぎて行くと余計なものもさらっと流れて行ってるような気がしてきて。
人があまりいない道だと特にね。
ああ、でも車の多い道は緊張。
車道が反対側なのとこっちは自転車はほとんど車道を走る。
若い頃は私も京都で車道をぶっ飛ばしてたけど(命知らずでしたな)、子供持ってからは自分の命の重さを改めて実感し、車道は恐ろしくて。
でなもんで、恐る恐る車道を慎重に走ってみた。
でも出来るだけ、中道を行くようにしよう、、。

ああ、でもこれでちょっと買いもん行ってくるわ〜、って一人でしゃっと行けるやん!
今まではベビーカー押して(あ、でもこのベビーカーもこっち来て友達にお古をいただいた。それまでは抱っこひも!)ようすけ連れて歩いてのこのこ行ってたんだけど、時間がかなり節約できるわ〜ん。
セスも買うたらもっと自由になれる!

ここケンブリッジも車が多すぎて環境のことやら色々問題になってるけど、ここ最近、自転車人口が増えて来た。ガソリンもどんどん高くなるみたいやしね。
それで、情報探してたから、セスが道ばたであった自転車(めいちゃんがアメリカから持って帰ったエクステンション付きの!)置いて木の実見てる人に声かけたら色々話しが合って、子供乗せ椅子を借りれる事になったり、お家に行かせてもらったら庭で自家菜園してたり、布おむつしてたりオムツなしもやってる、とかこんな人に会いたかった!って家族で。。
セスって人の出会いにはかなり当たりがいいよな。

今まではケンブリッジはハーバードやらMITやらで学生ばっかりやし、あんまり面白い事もないよな〜、住むなんて考えられへん、って思ってたけど、楽しいこともあるかな、って気がして来た。
気の持ちようやね。
ポジティブに☆

ばななん

まだまだむしむし

2010/08/14

お盆やもんね。
これが夏本番。
今日はむしむしも絶好調〜〜
湿度どれくらいなんやろ?90ぐらい?溺れそう。

時差ぼけもだんだんゆるんできた、、
もうちょっと楽しみたいところ。

早起きしたら庭の草抜きもまだ蚊がそんなにいない。
そして意外なボーナスが。

ぼーぼーの草の中からブルーベリーがたわわになってるのを発見。
お留守番の人たちも気がつかないぐらい、茂ってたもんね、、お陰でよく熟してた。
アメリカで採ったのに負けないぐらい?甘かったよ。
結局、NJで摘み取りしたブルーベリー、半分はトゥリッシュにあげて、お泊まりさせてもらってたゲールにまたその半分あげて、その次泊まらせてもらってたガイ兄にもあげて、ケンブリッジにまだ持って帰って、、、結局、日本に発つ三日前ぐらいまでずーっと食べれた!前に1パウンド10ドルって書いたと思うんだけど間違いやって、バケツ一つ、えーっと、1ガロン???農場の人も適当やったんね?とりあえずバケツいっぱい10ドルってことでした。
ブルーベリーパイだとか、ジャムにしないと食べきれないだろうな〜、なんて思ったけど全然大丈夫。
ケンブリッジに持って帰ったらセスのパパママも喜んでくれて、ブルーベリーの為にバニラアイスを買って来てくれて。またまたこの人たちと真剣なデザートの始まり。うひひ。
すばらしい!
そして、私たちがいる間は徹底して全ての物をオーガニックで揃えてくれた。
普通、じじばばのところへ言ったら色んな物食べさせられるよね〜、って話をするんだけど、
あと、テレビ漬けになるとか。ここ、テレビもないし!
ありがたい、、。
アメリカではオーガニックの物が簡単に手に入るから嬉しい。
乳製品までがオーガニックで揃えられるなんて!
そうそう、いとこのフリーダムが言ってたけど、前にパートで働いてた病院の先生(西洋医学の!)が、子供には、特に女の子にはミルクはオーガニックのもの意外は絶対飲ませない方がいいよ、って言われたって。
ホルモンとかが多過ぎて、8才ぐらいでも生理が始まったりするって、、。怖い。
日本の子供達どうなるんだろー。
毎日強制的に牛乳飲ませれてるよ。

フルーツも無農薬だから皮ごと!ああ、幸せだよな。

私がこのマクロビ?チョコケーキを焼いたら、フルーツも出して来てくれて、チーズも。
真剣デザートです。
ああ、なんてったってリンゴの丸かじり。。。♡
オーガニックのリンゴ、2つでも1ドルしないぐらい!
でもケンブリッジやNYのオーガニックりんごはせめて西海岸から?とおもったらアルゼンチンとかニュージーランドから、って。
そんな遠くからきてなんでそんな安いんだろ、、ううーん。

でもマンハッタンでぶらぶらしててもちょっと小腹がすいたわ、と思ってもホールフーズとかでプルーンとか買って丸かじり出来るからもうほんと幸せ!
これはほんと日本より良いところ。
あとはどこの公園も夏は水がじゃんじゃん出てる!
子供は大喜び〜〜☆

これはケンブリッジのDana park。

これは私たちが行った日の三週間前に出来たところって言ってた、ブルックリンの公園。
子供がいっぱい〜〜!
ここはほんと楽しかった。
でもまだ新しいから木が小さくて陰が少ないって。
タール兄は先週来た時に知らない女の人が日傘持ってて、いいね、って話しててこの日は珍しくタールも日傘持ってた。でも正解。そしたら知らない人が三組ほど、それ、いいねって話しかけて来たから来週はきっと皆持ってるだろうねーって(笑

これはマンハッタンの南端の自由の女神が見えてる広場。
ねむねむでぐずぐずのよーすけも水を見るとテンションあがる〜〜

これはボストンコモンの噴水。
子供は気持ちよさそでいいな〜、といつも眺めてるけどここでは付き添いのお母さんまで水着に着替えて混じってた。
思い切りがいいなあ〜

京都に帰って、こんな蒸し蒸しなのに水遊びもっと出来たらいいのに〜、って思った。
で、今日は鴨川の噴水で水遊び。
水をちょっとでも触れたら気持ちがいい〜!
御所の公園はいまは人がまばらだそうな。
暑いもんね、、

ばななん

3時間のフリータイム

2010/07/26

こっちに来てから、人に会ってばかりで観光らしきこと全然してない、、
ほんと里帰り、なんだ、うー。
そしてようすけは他の子供と遊びたがるし、どうしてもようすけ中心のスケジュール。
ひとりっこって大変なんだな、、、と。
自分が3人姉妹だからひとりで退屈〜、なんて思った事なかった。と、思う。

もしろん家族やら友達に会いに来たんし、楽しいんだけど、ぶらぶらもしたいじゃない!

で、NYに着いて、ガイ兄の家に行く前に私の時間をもらった〜〜☆
やた!!
一人になったとたん、急に身が引き締まる思い。
NYの人ごみに紛れて地下鉄はどの線でどこ行きに乗ってー。
でも周りは色んな肌の色、国の人、自分が外人なんだ〜、って気がしないのがNYだね。
じろじろ見られることもないし。
外国人だらけなんだもの!
それにしてもNYの地下鉄、暑い、息苦しくてびっくり。
エアコンがきいてないのか、しても換気が悪くて、もわっと暑い。
みんなこれで大丈夫なのか!?
酸欠で死ぬんじゃないかと思った。

金曜日だったからMOMAが4時からフリー!
混んでようが並ぼうがかまやしない。
案の定、入るのにぐるりと半周近く並んだけど、10分ぐらいかな。
普段は20ドルもするからね。
そんで人数制限?マティス展は残念ながらチケット切れで見れなかったけど、ピカソ展が良かった。
コンテンポラリーアートはなんだかもういいです、って感じで飛ばした(笑)。


久々にゆっくりピカソの線を見れた。
なんかどきどきしてくるねー、この線。

混んでるって言っても広いからそんなに苦にならない。
でもぶらぶらが実は今、一番きつい。
腰痛が、、。
座って休憩しつつ。
河野先生にずっとじゃなかったら使ってもいい、って許可?をもらったトコちゃんベルトも結局使わない方がやっぱり調子がいいみたい。
腹帯もない方が腰痛になりにくい。。
しっかり大股で歩いてたら気持ちもいいし!

MOMAで2時間過ごして、すっかりお腹いっぱい!
大満足。
清々しい気分で美術館を出た。

ばななん

ブルーベリー摘みへ

2010/07/22

日本を出る前、どうにか滋賀県の山田さんとこのブルーベリー摘みへ行けないかとあれやこれや、試行錯誤したもののタイミングを逃したままこちらへ来てしまった。
で、どこかいいところがないかとセスが探してくれて。

あった!

NYCから車で1時間半?ぐらいのところ。
オーガニックファームーーーー!
やっぱり摘み取りは取ってすぐ食べたいからオーガニックがいいな、とそれもクリア!

昨日、ケンブリッジを出て、NYに着いた。
ようすけの従妹のイヴォも誘って。イヴォママのトゥリッシュがのってくれて、車を出してくれることに。
いえ〜〜〜〜い!

今日は朝からいい天気。
やっぱりNYに着いてから、都会は暑いな、、と思ってたものの、田舎へ行くと木陰が心地いい〜

ファームに着くまで、トウモロコシ畑やら麦畑、広い牧場も見えて田舎のいい景色も見れた。
着いたのは正午過ぎ。
日はほぼ真上に来てたけど、田舎のいい空気と緑でなんのその!

ブルーベリーの木って低いんだと思い込んで、しゃがんで取るのはキツいかも、、、と思ってたけど、どの木も私の背丈より大きかった。
で、
もりもりになってる〜〜〜〜う!

一粒、一粒が大きい!
ひゃ〜〜〜っ!
何個食べたやろ、、
そういや、山田さん夫妻が言ってたな。
一番沢山食べるのは女の子、一番食べないのは男の子、途中で脱線して虫やら他の遊びへそれちゃうから、って。
その通りでした。

スパイダーマンごっこやら、ウルトラマンごっこ、
セスも途中で怪獣にならされ。
私たちは取るのも食べるのもやめられなくて、トゥリッシュも、これって「禅」だね、って(笑)。
1パウンドのバケツを一杯にするのってけっこうハードワークだわ、、なんて最初思ったのが、だんだんやめられなくなってきた。
でもバケツ一杯で10ドル!日本まで持って帰れないのが残念ー。

このファームでは色んなもの作ってるみたいで、
ブラックベリーやら葡萄、トマトやらリンゴも木に小さいのがなってた。
鶏もいたけど、今日はたまごの販売はなくて残念。
ブラックベリーも少し取ってみたけど、ちょっと早かったかな。

大大満足でファームを後に。

で、近くでランチを、と入ったのがこれまた”The American”!

オーガニックファームの後にこれって、、って気もするが(笑)
ま、せっかくアメリカに来たんだし、ってもう私ら十分この辺の『アメリカン』は味わってるんだな、、
まこと助産院の堀口先生に、ピザとかパスタはほどほどにね、と来る前に釘を刺されたのを食べるたびに思い出す(苦笑)。
でもこのイヴォが食べてるウインナーをパイで撒いたもの、『Pigs in the blanket』って言うんだって。
名前、可愛いよね。
知らなかったら何のことやら全然分からないけど。

しっかりカロリーを取って、デューラー(助産師の補助?よりはもっと色々出きるのかな)であるトゥリッシュは携帯に陣痛が始まったって患者からの電話があって従妹のイヴォは急きょ、私たちと一緒に泊まることに。
ようすけ大喜び。
今晩は、「ノーパジャマパーティー」らしい、、

ばななん

p.s.日本でブルーベリー摘みに行きたいなら滋賀県の「ローザンベリー多和田」がおすすめ☆☆
こちらも無農薬で頑張ってられます!
http://www.rb-tawada.com/blueberry/

サマービーチへ!

2010/07/18

12日夜10時すぎにようやくボストンに。
やっぱり飛行機長かったー、そして、寒かった、、。
エアコンが効いてるだろうし、と覚悟してたけど、足りなかった!
しかも国内線に乗り換えたらブランケットさえない!うへ!
聞いたら、ダニがわくからやめましたとのこと。
他社のアメリカの国内線は機内のトイレも有料になったとか。
ほんまかいな!
5年前、妊娠中にアメリカ行く時、妊娠中ですって告げると、すぐにCongraturation!の言葉とともに、バルクヘッドの広い席に移してくれて、なんだか申し訳ないな〜、なんて思ってたのが今回は一番後ろの席。
しかも座席の下に荷物を置いてたら何やら荷物がぬれてる、、。
聞いたら水漏れだって!
飛行機で水漏れって何!?まさか雨漏りじゃないよね。。
満席で変えてもらえる席もなく、なにやらネットでサービスを受けてくれ、と紙切れを3枚もらう。

時差ぼけも薄らいで来て、きのうはボストンから車で1時間弱のGloucesterのビーチへ。

いつもは電車でグロスターまで行くんだけど、セスのいとこのフリーダムが車を出してくれて、
海まで!イエ〜イ!!
海について、浜まで歩いたら砂が細かくて気持ちがいい。
ビーチに出たら、カラフルなパラソルがいっぱいでテンション上がる〜〜〜
ひゃ〜〜〜っ
日本を出るまで、アメリカは猛暑だって聞いてたから覚悟してきたんだけど、意外とたいしたことなくて、
でも昨日はついに、夏本番。海日和で良かった〜

セスは子供の頃、家族でよく来たビーチだけどすごく久しぶりに。25年ぶりとか。
遠浅で水もとても奇麗。
海流のせいですごく冷たくて、膝まではいるのが精一杯、、。
特に妊娠中は気をつけた方がいいだろうな、と、膝までだけで泳ぐ事は出来なかったけど(セスも冷た過ぎて断念してた)、今まで行ったビーチで一番気持ちのいいところだった!
泳ぐには9月を過ぎないと水が暖かくならないらしい。
今度は9月に来たいな〜

そのあとはようすけのリクエストで魔法が使える詩人、ゲリットのお家へー。

(そうそう、やっとトマコ、から、トモコ、って正しく発音出来るようになってて喜んでたら、セスが特訓したんだと)

この春、心臓の手術を受けたりして心配したけど、さすが、元気そうで安心した。
庭には前よりも魔術をかけられたような猫の置物が増えてるように見えたけど、どうかしらん?
おもちゃがたくさんあって、子達も大喜び。
子供いないのに用意がいいなぁ。

遊びに寄ってくれた父子もいて、一緒に玉転がし(?)。
このお父さんと奥さんは5、6年ほど前に私も一緒にご飯食べたらしく、「久しぶり!」なんて言ってくれたけど、ほとんど覚えてない、、、うううー。
ようすけは今年はますます英語の環境に怖じる事なく、どんどん話してる。
やっぱしこれが必要なんだよねー、語学力アップには!
間違えようが、時間がかかろうが、関係ない。
I want to, I want to,,,,  I gonna eat at Jupy and Karma’s place!  とな。
自分の意志を通すのだっていっちょまえ?
羨ましいかぎりだわ。

ばななん

DINER

2009/06/29

DSCF3930

帰って来ました。梅雨の京都。
思ってたほど到着して、「むっし〜〜〜っ」てのがなかったかも。
しかも帰ってしばらくは雨が降らなくて、さっきついに降り出した雨がなんか気持ちいい。恵の雨にも思えるね。今のうちか。

DINER。実はちょっとやりたかったこと。初めてアメリカに滞在した時に、これはうきうきするものでした。正直言って、アメリカという国にはあんまり興味なかったんだけど、これ、いいかも!って。なんか映画とかにも出て来るよね〜?するんっと滑り込んで赤いボックス席に座ったりして。コカコーラとか飲んでるところ。そうそう、赤いシートでないとダメだと思ってたけど。これを京都に帰ったらうちでやろう、と真剣に間取りまで考えたりもした事があった。これともひとつ、フランスから帰った時にはファラフェルやさん、やりたいと思ってたけど、それはお隣に引っ張り込んで、満足 笑。それも窓から売ったり出来るよね〜、ぐらいのところまで考えてた。ま、想像はどこまでも自由でありますから。

で、そのダイナー。
今回NYでいいところ発見!これ絶対古いんだよ〜、きっと。って思ったらなんとようすけより若い。2年前に出来たところ。

DSCF3786

DSCF3791

いやあ〜だまされたよ〜あっぱれあっぱれ!そして、出来て2年にもかかわらずNYのBESTに選ばれたそうな。14 St. のUnion Sq.をえーっとあれは西の方へ2ブロックほどずっと行ったところ、かな。北側、と思う。
ダイナーの食べる物がそんなに美味しいってわけではない。いや、美味しい。これも例外なくジャンクに入るんだろうけど、楽しい!昔はブランチが嬉しくてうきうきだったけど、やっぱり若かったのか、と私は今回はパンケーキだけで満足。

DSCF3787

ちゃんとオレンジジュースも付いて来た。これはちゃんと100%ジュースだから嬉しい。でも付いてるシロップでなくって、せっかくだからとメープルシロップをつけてもらった。断然美味しい〜。そして音楽はちゃんと(?)80’s。ようすけ、この辺りの音楽に弱いみたいでのりのり。うちでもラジオからデスコミュージックが流れると、のりのりになっちゃう。

朝はだんだんあんまり何もいらなくなりつつあったのに、また逆戻りの感じ。何がナチュラルハイジーンだか。かなり臨機応変にってところです。
とりあえず、アメリカに長い事いると間違いなく太る。なんでああ、みんなでっかいんだ、って思ってたけど、今回は身をもって理解出来てしまった。ようすけといると、さらにエスカレート。恐ろしや、アメリカ〜。

ってこんな終わり方ないよなあ。
今回はのんびり出来た一ヶ月でした。ようすけの英語ののびにはほんと驚き。羨ましいかぎり。バイリンガルなんて結構難しいよ、って思ったのは3年ほど。セスの努力の甲斐があって急にどんどんしゃべるようになった。どれだけようすけに日本語で返されても、めげずに英語で話してた。そしたら!この3ヶ月前ぐらいから急にようすけが英語で話し出した。びっくり。そして、アメリカ行くと、ちゃんと英語の人には英語で、私には日本語で。去年は英語で話されても誰でも容赦なく日本語で返してた、のが。

今度こそ、私も英語勉強する!!本当に!!と決心するのでした。

ばななん