Archive for 2011年10月

ケンブリッジです

2011/10/22

これ、どっちがどう、って、
どっちもどう!
パンプキンはすごくデカくて、リンゴもすごくちっこい!

ケンブリッジには12日の早朝、飛行機で到着。
空から見下ろすケンブリッジ、ボストン辺りは紅葉し始めてた。
そうかー、もう秋なんや、と。

街はハロウィーンの準備もちゃくちゃくと。
お家の前にはパンプキンが。
もうくり抜いてこわ〜い顔作ってあるところも。
今からくり抜いてて、31日のハロウィンまでカビずにもつんだろか??
湿気てる京都では無理やろうけど、そうか、こっちは乾燥してるから大丈夫なんかいな〜、とか思ったり。

京都の滞在はあっというま、、。
一ヶ月ちょっとってどんなもんかいな〜、と思ったけど、会いたい人にもちゃんと会えず。
人生最大のバタバタ劇でした。
最後はセス共々毎日寝不足で昼間も走り回り。。
出発の時には荷物も山盛り、タクシー一台では全然乗り切らず(セスがタクシーに電話してただ、「荷物いっぱいです」って。。)もう一台呼んでもらい(携帯も家の電話も解約して電話もかけられず!)、近所のおっちゃん、おばちゃんもあわあわと心配そうに、「なんかやることあったら手伝うよ、、」と台所でアキラおんぶしながらガチャガチャやってる私に声かけてくれる。
なんとか荷物も乗って、「いってきまーす」。
ご近所のみなさんに心配そうに手を振って見送ってもらった。
なんかマンガみたいやな、と一人笑えてしかたなかった。

バッタバタでしかも時間もなくお金もないとなんか笑えてくるん。
出町の荷物運びは車の無い私ら、どうしよ〜、レンタカーか?またリュースケ?と、思ってたらありがたいね、ちーちゃんから「運ぶで〜」。
ほんま持つべきは友とはこのこと!
いっぱい運んでもらい、めちゃ助かり。
ありがとう。
その間とか最終的な細々を自転車で。
最後の最後はセスと私、自転車2台で。
タクシーでいいんちゃう〜?と私。
行ける、行ける、とセス。
これがすごいで、
後ろにはそれぞでようすけ、アキラを乗っけて、前にも荷物いっぱい。
どんな乗せ方って、セスの自転車の前には虫取りアミの中になぜかラップと靴が。
もう、また自転車こぎながら笑い転げそうやったわ。
いい加減車買えよ〜、と自分でつっこんでたわ、私。

ほんで、ケンブリッジ。
こっちは京都みたいにあっちもこっちも自転車、って感じではなく、本気チャリダー(チャリでは決してないか、ライダー?)ばっかりで、車道のみ。しかも一通とかも守らんといかん。
そういうことで子供乗せてても車道。
これが緊張する。
これこそいい加減、私らもマイカーやな〜、とか言ってたんやけど、実際考えるとどこにそんなお金あるねん〜。
家賃がまずべらぼうに高く、たまに(1〜2年に一回ぐらい、、)京都に帰りたい、と思ったらまったく余裕無し!シェアカーぐらいなら、、ってところか。
結構カーシェアリング見かける。
調べてみよう〜

そんなこんなでアメリカ生活始めた。
なんかしばらく生活もやけど、頭の中もいっぱいで何がなんだか整理つかず。
考えたらそもそもなんでアメリカ来たんやー、とか思ったりも。。
最初は放射能汚染から離れてアメリカへ移住した方がええんか?とか考えたりしてとりあえず3ヶ月アメリカへ来てみたらセスパパ、エリーの具合が急に悪くなり。
生活自体は、私はやっぱり京都の方がいいな、ケンブリッジではなかなか面白い事、面白い人見つけるの難しそう、ってへこたれそうやったけど、セスはもうエリーのそばにいたいって決心してた。

そうやな、今まで私の親の近くにいてもらって田舎の事も色々してもらってたし、今度はセスのパパママの近くにいてもいいか、と決めた。

そんで、日本に帰ったらようすけの具合がまた悪くなって、例のオーリングで内部被ばく宣告。
最初に言われたときは、やっぱりそうか、もう、何が何でも誰に何を言われようと汚染してそうな物は我が子には食べさせない!!って思った。
思った、けど、オーリング自体、どうなんや、という不信感が。
前からオーリングってもんには興味あったのと、やっぱり、って感じで最初はガーン、とそのまま先生の話を信じてしまったけど、色々聞いたり考えたりするうち、オーリングを使うなら使うでもうちょっと時間かけてせんとあかんもんやろな〜、ぐらいに。
あちこちに色々心配かけてしまったり、色々教えてもらったり。
お騒がせしてしまってごめんなさい。
みんなありがとうね。
私が一番びっくりしたのは、いつもふわ〜っとしててミラクル?好きなSが話を聞いて憤慨した様子で、
へえ!?そんな事言うて母親にショック与えるなんて酷すぎる、、!!サイキックな事は信じるけどそもそもそんな能力がある人やったら何も使わずに(物質を握らせて指でわっか作らんでも)自分で感じるだけでええんと違うんか!?酷すぎる、、、!!それでアメリカに行ってしまうんか!?(それで、ではないけど、苦笑)
などなど、英語やったから、完全には分かってないけどまくしたててた。
いつもおっとりしてる分、顔を真っ赤にして怒ってたSの思いが有り難かった。。

それと保育園の弁当も一ヶ月続けた。
結局、ずっと弁当持ちはよーすけの園では一人だけやったみたい。
給食の先生にも色々言いたかったけど、まとめてみようと思ってるうちに、これもどうなんやろう、って。
他のお母さんたちはほんと気にしてない人は気にしてない。
気にしてないっていうよりも、気にしてられない、ってところと思う。
あまりたくさんのお母さんたちとは話せてないけど、仕事で忙しいお母さんはそんな余裕もない。
「うちの子もある程度は汚染してるのも食べてるやろな〜」
最初はそれが信じられへんかった。
私は一回、我が子が内部被ばく宣告されて、シュミレーションみたく、ああ、いつの何を食べさせたんがあかんかったんやろう、、がぐるぐる渦巻いて、絶対汚染した物を避けて行くわ!と意気込んだもんやから。
被ばく宣告自体が怪しくなってきたのもあるけど、やっぱり日本にいてたら全部を避けるのは無理や〜、ってなってくる。外から見たら正常性バイヤスが働いてるって見られるみたいやけど、中に入るともしかしたら私もそのなかに入ってたのかもしれん。
そう色々考えてると、給食の事も何も言えなくなった。
余計な心配するより、ま、大丈夫やろう〜〜、って本気で思えてるならもしかしたらそれが何よりなんと違うか、とも。
心配するストレスが一番痛いんと違うかな、とか。
今、子供の事を心配してるお母さんらが一番最初に具合が悪くなるんと違うやろか、とも思えてくる。
国が499ベクレル/kg以下の汚染物を全国にまわすなら、どうせなら原発事故自体、知らなかったら気にせず色々美味しく食べれてたんと違うかな〜、とかも。。
でも今までから輸入品でも200ベクレルとかやったら入ってたってことやしね。
日本の物でも今まで知らんかっただけでセシウムとかあったし、中国産の物なんて桁違い。
中国産なら有機物でも汚染してる、って、悲しい。
知れば知るほどどんどん出てくるよ。
知らん方が良かったんかー!?とか思ったりするけど、いや、知ったからにはどうにか止めて行かんと!って思えるやん。
今まで黙って絶えてた日本人もついに声を出し始めた。
デモも様子が変わって来た。
2001年に反戦デモに参加してみたときは、戦争、はんた〜い!になんか違和感を感じたけど、今年の脱原発デモは回りで見る人の目も、ああ、そうね〜、やったり、途中から参加する人もいたり、人数も京都でも千人単位にまで!(やったよね?)
行動起こすことの大事さもまた実感した。

ま、それで、これからどうしたらいいのか。
ほんまは日本にいて、免疫力を高められる美味しい和食を食べて、家族やら友達とやいやい楽しく暮らす事、が一番ええんとちゃうかな〜、と思う。
私も、やっぱりアメリカ引っ越すのやーめた、ってなりかけたけど。
決心した事。
こんな事でもなかったら40目前にして、また一からの生活を始めるなんてチャレンジも出来なかったかもな〜、と前向きに考えて。
今まで適当にごまかして来た英語もいい加減やれよ、ってことかもしれん、とも(苦笑)。

大好きな京都を離れるのはつらいし、家族やら友達と離れるのはもっとつらい。
ついつい、“アメリカへ移住”って言葉を避けてしまう。ちょっと行ってくるとかすぐ帰ってくるから、とか、自分の口から長期で行くような事を断言するのが怖くてさ。
15年前に一人、パリへ出発するって決めた時は実はあんまり考えてなかった。
それで、出発の前日の晩、急に自分が決めた一大事におののき、私はいったい何を考えて何をやろうとしてるんやろう、、と怖くなり、一人部屋で泣いてたのを思い出した。
一年後に無事に帰って来てまた家族そろって楽しい食事が出来ますように、って祈ったのを思い出した。
でも今回は新しい家族も一緒に出発する。
随分心強い。
一人と違うもんね。
震災の後、なんか友達との距離が随分短くなったんやな〜、って気がついた。
仲のいい友達とは考え方やら価値観も近いしお互いどうしたらいい、こうしたらいい、って教え合い。
これって命にかかわることやからさ、大げさみたいやけど。
私はアメリカへ行くんかもしれん、と思って、友達と一緒にいると、私はみんなのことが大好きやー!って離れる事がつらかった。
大事な友達がこんなにいるってほんまに幸せな事なんやって分かって良かった。
こっちでも、たくさん、なんて言わないから一人でもこんな大事な友達が出来たらええな〜、と思う。

出町のアカテレはみんなで色々続けて行ってくれるって。
お留守を守ってくれるあさみさんとダニエルも楽しそうにやってくれそう。
新しいサイトも作ってくれるとか??
そんなことで、このブログもどうしようかな〜、と。
そもそも、なんのブログかよく分からんかったけど。はは。
もしかしたらどっかで新しく始めるかも〜
そしたらこっそりリンクでも貼ろかな。

先日は私ら不在での15日のフリマ、大盛況やったって。
良かった〜
でも楽しそうな写真見ると、私も行きたいー!!ってうずうず。
帰った時の楽しみにしておくわ〜

こちら、そろそろ我が家のパンプキンもくり抜かんとね。
ハロウィーンには自分たちのアパート見つかって落ち着けたらいいな。
ま、遅くてもクリスマスにはね、☆☆☆☆☆!

ばななん