弁当も大変やけど

今のところ、機嫌良く弁当持って行ってくれてます。

3ヶ月ぶりに登園したもんやから、それでなくても初日は、
「よーすけ〜!よーすけ〜!!」
と、みんなにたかられ、ひるんで半泣きのようすけ。
嬉しいんだけど、山盛り来られるとやっぱりちょっとコワイみたい。
今日で弁当三日目。
私もあれやこれや作るの面倒くさいのでいきなり最初から、二日間同じメニューやって(しょっぱなから、、あは)「昨日とおんなしやん、って誰かに言われた?」って聞くと、「うん。」
げ、やっぱし(苦笑)。
ひとりだけ弁当なもんやからみんなが、いいな〜、いいな〜、と見に来るんだって。
そか、みんな弁当がいいんや。
で、一番仲良しのTちゃんに、「昨日といっしょ〜。」と言われたそうな。
でも、みんなと内容だけでも一緒の方がいいかな、と献立をもらい、二日目はパスタやったから、
初日に、明日はパスタにしよっか〜♪って聞いたら、
「アンチョビハカセはいや。」
??やったけど、なんか笑い転げてしもた。
で、結局、おにぎりがいい〜!ってことで、おにぎり。
3日目は、「おにぎり以外は違うおかずにして。」やて。
はい、ごめんごめん。

5歳児ではこんな感じです。
可愛いもんです。
ひとりだけお弁当って抵抗あるから、、と考えてるお母さん、どうぞ頑張って〜!

お迎えに行くと、他の子が、「なんでよーすけ弁当なん〜?」とか、
「今日は給食なんやで」と教えてくれる女の子もいました(笑。一応おばちゃんも知ってるんやけどねー)
聞かれたら、「よーすけ、カイカイになるから食べられへんもんあるからなあ」と、答えたり。
園長先生もお話しすれば分かったくださってて、でも、騒ぎ立てるのは良くないから内部被ばくってことは言わないでおきましょう、ってことで。そらそうよね、、。
正しい知識はみんなに伝えたいと思ってるけど、あまりショックが大きいのは良くないと思うからちょっとづつ伝えたい。

でももちろん、うちの子が良ければそれでいいってことでもないので、園長先生やら給食の先生にも色々伝えて行きたい。後、私らがいるのは一ヶ月だけど。。
うちの給食の先生はとてもお若いので、なんやかや言っても熱心に聞いてくださってありがたい。
(はい、前からちょろちょろゆうてます)
なのでお弁当持たせるのは頑張ってくださってるのに申し訳ない気がしたけど、とりあえず今はそうも言ってられない。でも被ばく宣言されてから日がたつと、ショックも薄れて来た、善くも悪くも。

あれから色んな人に意見をもらった。
私もあれやこれや考えた。
なんだかね。
考えないようにしようと思っても、やっぱり、いつの何があかんかったんやろう、って考えたり。
でも原発事故の後は、「何を食べたらいいのか」ってお話会をみどりさんにしてもらったりしたぐらい、知識がなかった。ってことは事故の後、みんな手探り状態。
本当なら、事故の後のマニュアルでもしっかり持ってたら、あれは食べたらあかん、ここのはもうダメ、って出来て随分違ったかもしれんけど、勉強しながら、生活する中で食事もするし、出歩いたりもするし。

でもやっぱり出てくる情報は、日本人は少なかれ、すでに被ばくしてるやろう、って事、以前から。
中国からの黄砂にも色んな化学物質が入ってるし、何より、日本中にある原発からは事故がなくても毎日少量の放射能を放出してる。
中国やらアメリカの核実験でも飛んで来てるし。
事故前でも、日本にいたらアレルギー症状が出るけど、ヨーロッパに行ったら治る、って話を偶然にも2人から聞いた。以前にもイギリス人の男性がずっと日本にいると調子悪く、仕方なく国に帰ったらすこぶる元気になったって聞いたけど、そのときはストレスやろ〜、って思ってたけどそれだけじゃないかもね。
湿気とかもあるし?

そんなこんなでアメリカ移住は正しい選択となってしまった。
帰って来て、友達と会って思う存分日本語で!!話せて嬉しくて、ああ、ここでみんなと一緒に試行錯誤しながら暮らして行けたら、、と思ったりするけど、それはやっぱり私の都合であって。
向こうに行ってもまた何かあるかもしれん。
今回だけでも地震もハリケーンもあったし(2001年のテロの時にもNYにいたし。。苦笑)、なぜか人災、天災をおいかけているような私たち。。
ま、これからもどこで何があるか分からんね。
家族一緒に笑ってられるのがほんまに幸せなんやと日々、感謝したい。

ばななん

広告

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。