Oリングの診察の結果

6月上旬、アメリカで友達にゆずってもらったバギーに乗るアキラはまだ腰が据わってなくて可哀想な感じだったけど、すっかりどうどうと座れるように。
上から見ると、この頭の大きさがなんか可笑しくて。

ついでにもひとつ関係ない写真。
アメリカで始めて美味しいと思ったケーキ。
いつものようにだだ甘いのを想像してたけど、控えめな甘さにかえってびっくり。
砂糖の量間違えたんと違うか??とも。
しかもこのフォークの刺し方。お店の人のサーブの仕方。でもこれなら落ちないし確実やわな。

はて、どうして書こうか。
昨日、ようすけ連れてアレルギーの診療所に行ってきました。
Oリングの診察に興味津々で行ったけど、始まってすぐ先生、ようすけにセシウム?握らせて、

「この子、内部被爆してますよ」

へっ?、、、、。

「筋肉に溜まってるわ。ここも、あ、ここも。全部やな。あ〜でも内蔵は大丈夫、元気、元気。」

あっさり内部被爆宣言されるとこちらもあっさりとるべき、と反射的にそう受け取った。
アメリカへ着いた時には、私らも多少はもう被ばくしてるやろ、なんてセスと話してたけど実際言葉にして言われるとガツンと頭をなぐられたような感じ。
しかも我が子が。
追い打ちをかけるように、抱っこひもで抱っこしてたアキラを見て、

「あ、この子も似たような感じかな〜。一緒ですよ、お母さん。お母さん食べるもの気をつけて。」

Oリングの診察は鍼灸院で受けたことはあったけど、半信半疑ながらも私はアリだと思ってる。
でもそのへんは個人差があるやろう。
セスは不信がってる様子。
なんやけど、我が子が内部被ばく宣言されて、ショックなのは私共々同じ。。
先生は京都は空気と水は大丈夫やから食べ物からですね、って。
保育園もお弁当にした方がいいです、って。

6月6日の出国まで保育園の給食を普通に食べてた。
帰国後はお弁当を持たせようと決心はしてた。
月曜日から登園なんやけど、電話でそう園長先生に伝えると案の定快い返事の仕方ではない。
ま、その辺は慣れてるけど(苦笑)。
70人の園児の中、お弁当持ちはようすけだけになる。
でも本人はいいよ〜、って。
実際、一人だけお弁当なんだから行ってみないと分からないけど。
つらい気持ちになるか、一人だけお弁当、いいやろ〜〜、ってやってくれるか。

診療所の先生に食べ物からの被ばくって言われたけど、どうも私は外に出て、ばっと顔に赤く出たのが気になる。
タイミングが合いすぎただけなのかも知れないけど、空気中の物に反応したように見えた。
シャワーしたら収まった。
出国前は黄砂やと思ってたし。
そしたらこんなのあった、
『黄砂・大気汚染物質で、花粉症・咳・痛み・疲れ・体調不良も悪化』
黄砂にもセシウムが入ってた、何十年も前から。
私も今年の黄砂のひどい時には頭痛がした。
ようすけがほんとに被ばくしてるとしても、セシウムは福島産か中国産か分からない。
両方か。

さらに、Oリングもアリだと思う人へ、
先生にもらった資料に対策法があったので一部、記載させていただきます。
興味ある方は読んでください↓

**************

……………..物理的半減期は30年ですが、生物的半減期は0〜1歳で9日、1〜9歳で38日、10〜30歳で70日、31〜50歳で90日と言われていますが、2〜3週間でアレルギー反応が消えた20代の方もいます。次のような対策を取ってもらいました。

1、安全な野菜・果物なとカリウムの多いものをたくさん食べる
2、安全かどうか不明なものは、塩水でゆがいてゆで汁を捨てる。魚肉(産地注意)も酢・塩などで水分を抜いてから茹でる・焼くなどする(水分と一緒にセシウムが抜けていき、約30〜90%除去できるといわれています)
3、ビタミンCなど抗酸化作用のあるものを多く摂る
4、水分を多く摂り排尿を増やす(一般には尿から排出するといわれています)
5、加工品・外食はできるだけ摂らないようにする
6、しんどくない程度に運動してよく汗を出し、シャワーで流す(皮膚症状をみますと汗からもよく排出しているようです)

どれが最も効果的だったかはわかりませんが、出来る範囲で取り組まなくてはならないでしょう。もともとアレルギーのある人にとって放射性物質の影響は、より早くより敏感に出やすいのではないかと思います。

************

過ぎた事をあれこれ考えても仕方ない。
子供達を見てると、元気に遊んでる。
たいしたことない、事かもしれんし。
アキラはけらけらよく笑う。これきっと何より健康法と思う。
よーすけ、今日も台風閉じこもりやったけど(我慢出来ずセスとバトミントンしたり加茂川まで散歩もしたけど)マイケルジャクソンかけてダンシングが一番楽しかった〜、と。
いや、これ、見てても楽しかった(笑
こっちまで元気をもらった。

ばななん

 

広告

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。