あさのはじまり

今朝4時半頃、ようすけが喉が渇いたと台所へ寝ぼけ眼のまま一緒に。
半分ぐずぐず言いながら、「じぶんでアイスいれるーっ」とかなんとかいいながら。
で、オシッコ、と庭のトイレへ。

外に出て、手を洗ってるとうすら明るくなってる外に気がついたようで、

「もうすぐ朝なん?」
「これが朝のはじまり??!」

と。

寝ぼけてたはずが、目をまんまるくして嬉しそう、、。

「“子ネコとボク”の朝と一緒やな!ママがようすけも京都で見たらいい、ってゆうてたやつ??!」と。

最初、意味が分からなかったけど、図書館で借りた荒井良二さんの絵本のことらしい(“ボクとチマチマ”ってやつね)。朝がだんだんやってくるって話なんだけど、私もすごく好きで、気持ちのいい朝の始まりの絵本。

そう、本当の朝のはじまりを見たのが今日初めてのようすけ。

あー、そうやなー、ようすけはまだ4年半しか知らないから朝のはじまりもこんなに新鮮なんや、と改めてこちらも感心、面白いなーと。

このところ、何回目かの?反抗期でぎゃーぎゃー泣きわめく、いや〜や、いや〜や!殴る、蹴ると暴力的。
ああ、男の子って大変だ、、、とトホホな感じだったけど、なんだかほっとする朝でした。

ばななん

広告

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。