「未来の食卓」

やっと見に行って来ました。
昨日、同志社で無料上映会ありました。
すみません、もっと早くお知らせしておくべきでした、、。


でも、私、上映会やる!って思った。
やらなければ。
ずっと気になってはいたけど、上映会するには費用がかさむしなぁ、今年は金銭的に苦しいし、、なんて思ってたけど、毎日食べる物があって屋根があるところに寝られる、それだけで十分な生活をしているじゃない!って思う事にしてます。なにかやりたい事がある時+寄付する時には。
それと映画の内容が学校給食をオーガニックに変えるってことばかり、印象があったから、「そんなの小さい村だから出来ることやんー」「お金かかしるいいのは分かってても無理やろー」と言われるだろうな、なんて思っただけで意気消沈してた。
いやいや、でも違った!
これは皆知るべき内容。
恐るべし現代の食。

多分私は今まで良いもの食べて来た方だと思う。
子供の時でもおじいちゃんおばあちゃんが作った無農薬(減農薬)のお米やらお野菜いつももらってたし、お母さんは味の素嫌い、冷凍食品は使わなかった(あ、でも中学の頃エビコロッケだけは時々お弁当に入れてくれてたな〜笑)、台所洗剤だって粉の石鹸だったからシャボン玉が友達と出来ないって文句言ってたっけ。
別にうちのお母さんは今で言うエコな人、でも環境問題に感心がある人でもなんでもない。
ただ、変な物は使いたくない、ただそれだけ。
それでも公立の学校行ってたたから普通に給食は食べてた。
でも農薬の量やら種類は今と違ったんじゃないかな。
オーストラリアに帰郷してた友達が地元の病院で言われたって、
「日本に住んでるなら生野菜は絶対食べない方がいいですよ。農薬がすごい国ですから。」だって。
土地が狭いからか、農薬の撒き方もすごいよね。念入りに丁寧に撒いてる姿を時々見かけるとぞっとする。
家で野菜売ってくれてる小柳さんが言うには
「減農薬なんて普通栽培と変わらない」と。
確かに。春先にHELP!(健康食品スーパー)で見かけた減農薬イチゴの表示。
“通常50回農薬配布のところ1回のみ使用”
50回!って!!
そうやな、考えたら農薬40回使ってても、減農薬、になるんと違う??
もう、皮を剥いたら大丈夫やん、なんて考えも無し。
何より悪いと分かっててじゃんじゃん農薬たくさん使って作ってる人より、大変なのに頑張って農薬なるべく使わないように作ってる農家さんを応援したい。
農薬がしみ込んでるだろう、ってこともあるけど、何より、その野菜を作るために使われた農薬は土地にしみ込むし、それが川を流れて川を汚染、それから海にまで流れて海産物まで汚染。
もう、お金がかかるから、なんて理由で農薬付き野菜を買うのはやめにした方がいい。
生活から不要なものを除けば全然変えない値段じゃないし。
高いと思えば大事に食べるし、捨てることなんて絶対しなくなるし。
家は特に車持ってないからその分?食に回してもいいだろう、なんてことも考えられるし。
いやー、ほんと京都に住んでたら車いらんもんねー。
持ってたら使いすぎるに決まってるし(だって楽でしょ?)、維持費もすごいし。

なんていい生活してるつもりでも完全は今の世の中無理。
20代前半、お金を少しでも浮かさなきゃ!生活してる時なんか安さ第一、の食生活してたし、今でも大豆製品は国産の物を選ぶようにしてるし、農薬はついてるな。有機栽培はほとんど海外のもの。まようところやけど、海を汚染してまで無農薬を選ぶってかなりエゴだな、と行き着き。同じ理由で小麦粉もカナダ産のオーガニックから国産小麦へ。ポストハーベストがないだけまし、ってことなんだけど。
せめて妊娠中だけでもオーガニックにするべきか、、。
遺伝子組み換え物を食べさせられ始めたのも私たち世代は大事な若いとき。
それが、流産だとか、不妊症、不育症の原因ではないとは言えない気がする。
だってあまりにも多すぎる、、。
日本はあまりにも情報がとぼしい、そのなかでも携帯電話に関してはヒドすぎる。
有料サイトにつながらないように、ばかり言われるけど、子供に携帯がどれだけ有害かの情報がなさすぎる。
大人でも5分、耳に携帯を当てて話してると当ててる方の目玉の温度が1度上がる、とかなんとか。
小さい子供の頭なんて頭の反対側まで電磁波が届くって。
ヨーロッパの国々(どこか覚えてないけど)では16才(?だった?)まで携帯電話使用禁止、でしょ。
脳腫瘍が出来たって若い人、私たちのまわりにもめちゃくちゃ多い。
日本でもアメリカでも。何人も。
これ、関係ない?

治療費を払うか、無農薬の物を選んで日々の食生活を大事にするか、日々の生活に気をつけるか。
考えれば簡単な事かもしれない。

更新ずっとさぼってたくせに書き出したら止まらない、、こんなに字がいっぱいになったら興味ない人読む気なくなるよな、、反省。

ばななん

広告

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。