ようすけの手から

この頃は、私とでしか寝ようとしないようすけ。
すっかり、「ママ〜〜、ママ〜〜〜」である。
お風呂だって、「パパと違う!ママと!」。
ああ。

で、今晩も寝かす時、いつものように、読む本選んできーやー、と本棚に送ると、
「ママのも選んだげる」。
そんで選んで来たのが、“神との対話”(苦笑)。
途中、読みづらくなってきて、づっとそのままになってた本(のひとつ)。
なんかこれって今、これ読みなさいってことなんやろな〜、と思いつつ
「いや、私のはいいから、」
で、ようすけ、自分の本(今日は「だいくとおにろく」やった)を選んで、また、神との対話を一緒に持って来る、、。

分かった分かった、やっぱり読むんだ、ってことよね、と、
ようすけ寝かしながら読んでた。。
いきなり。
今の私に必要な言葉がそこにあった。

印を付けてたまさにそのページ。
偶然ってのはやっぱりあんまりないんやねー。
ま、これを偶然ってゆうのか、必然ってゆうのか。

ばななん

広告

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。