Archive for 2010年3月

あっさりばっさり

2010/03/25

ようすけ(4才)と2人でご飯食べてた時、

Y「ママ、耳に髪の毛かけて」
私「こう?」髪の毛を耳にかけてみる。
Y「反対側も。」
私「こう?」両方かける。
Y「うん。その方が可愛い。」
私「ありがとう、ふふ」
Y「セスは分からんで」
私「え!?  可愛いってゆうてくれるかな?」
Y「I don’t know~」両手を拡げてる。肩をすぼめてる。

…….で、で、出た〜〜!アメリカ人だ〜〜〜!
そうそうそう!!アメリカ人って(フランス人も、だな。西洋人みんな??)こんな風に人をあっさりばっさり時々突き放す、よねー!?
我が子にアメリカ人の魂を見た瞬間(大げさ?)。
不思議。
日本に住んでて周りはほとんど日本人なのに、やっぱしアメリカの血が流れてる。
面白いけど。

ばななん

広告

2010.03.18.アレクサンダーテクニーク

2010/03/19

アレクサンダーテクニークのワークショップ、第2弾、一日目受けさせていただきました。
ふむふむ、またちょっと体の内側に意識が向いて来たよう。
きのうの朝はちょこさんのヨガ(→)。
ちょうど、たまたま、偶然、必然的?体と魂のお話されてました。
そして私もこのところ、体と魂について考えてたりしました。
妊娠するときって、どのタイミングで魂はお母さんのお腹にはいるんだろう、とか、顔も体も魂の皮だけであって、脱ぎ来出来ない服、みたいなもんだな〜、とか。
でも魂というか性格とか心の状態によって表面の皮、顔つきも変わってくるから面白い。そりゃ隠せないよな。
何年か前に見たテレビ番組では、戦争で両親をなくし、その子自身、3才ぐらいだったか、顔に大やけどして可愛い顔に穴が空いて、、結局頭の皮を移植したから毛がはえてるところ、、食べることは出来るようになったけど、、。テレビの前で大泣きしておりました。
魂だけを見れたなら、どれだけいいか。

そしてアレクサンダーテクニーク。
この私の体は私の魂が入ってるマシーンだ、ぐらいの感じで感じれれば簡単なのかもしれない、などと思いながら、精髄の上に乗ってる頭蓋骨を感じて、頭を軽く、、。
おっ、これか、これか!と思った時には体がすごく軽く感じるから不思議。
ヨガのアジャストみたく、ユズル先生に頭の位置をアジャストしてもらうと、ふわ〜ん。魔法の手みたい、、。
そしてユズル先生の手がすごく暖かい。
びっくり仰天だけど、先生79才とな。
若い!
先生にそう言うと、「そうなんですよ〜もうすぐおさらばしなくちゃ。あははは〜」。
ユズルさんの経歴、ボブディランの歌詞を訳したってのはみんな結構知ってるみたいだけど、他にも色々出て来る〜〜。
面白い。
どうぞみなさまも、先生がお元気なうちに(失礼!?)ぜひ、レッスンを受けてみてくださいね!とても楽しいクラスです。まだまだお元気だと思いますが(笑)。
来週25日のワークショップ、まだ定員に達してないので今からでもどうぞ。
次回は骨盤、股関節辺りのレッスンになるそうです。
詳しくはサイトを参照くださいね。

ばななん

今月のフリマ+クッキー+パンケーキ

2010/03/17

かわい、、。
今月のうちのフリマでゲットです。
さて、着物着なくちゃね。
私、もう買い物へ出かけなくていいのです。
うちでやる毎月15日のフリマで安くていい買い物してます。
今月はこの草履、下駄とパンツを2本。うひひ、です。
みなさんも早い時間に来てくださいね〜、私にとられる前に(笑)
でも、今月のフリマはすさまじかった、、。
参加者もまんたんだったけど、お客様もすごかったー。
雨が降らなかっただけで、すごいことになるんですね。
何はともあれ、楽しかった!

昨日の晩はようすけが、クッキー作りたい!って言い出したのでセスが乗ってくれた。
私は横で玄米に入ってる籾殻とり。
うちの玄米には籾殻が混じってて、私は食べながら取り出してるんだけど、セスもようすけもそのままきにせずがじがじ食べてる。
先週お泊まりに来てたみおさんに、消化不良おこすよ〜、って言われて、セスも気になり出して。なるほど、水につける前に取り出したら探しやすい。
大変だけど〜〜
だって、お茶碗一杯分に50粒ほど混じってるんやもんー。

で、出来たクッキー。

ラブリーでしょ?
だってこれ、ようすけ作なんだけど、『ようすけとママクッキー』。
うふふ。

そして、私は籾殻とりのあとはパンケーキの種作り。
そんなこんなしてたら、テレビなくて全然なくていいんだな、と。
地デジになったらもうほんとにいらないかも。
(今は一応あるんだけど、場所とってるだけだなー)

そしてパンケーキ。


セス曰く、この模様がいい、らしい。
いい具合に焼けると、このもやもやになるって。
最初はつるんと、「ホットケーキ」って感じになるほうがベターやと思ってたけど、そう言われ続けると、おっ、もやもやいい感じ、って。
このところ、私は牛乳の代わりに豆乳でパンケーキの種作りに励んでる。
別にアレルギーとかマクロビとかビーガンとか何でもないんだけど、只単に、挑戦。オーガニックミルクも日本じゃすごく高いし。
でも今朝、ようすけが私のパンケーキ、見て、一言。
「よーすけママのパンケーキきら〜い」。ガーン。
なんか黄色かったみたい、、。
でも食べ出したら「おいしい!」食べてくれたけど。
私も正直、やっぱりミルク入りのパンケーキの方が美味しいと思う。うん。
でも試行錯誤の末、豆乳でも美味しいパンケーキになって来たんだけどねー。
次はまだ卵も無しで挑戦していこう。
イヤ、これはやっぱり外せないよなー。
ううむ、悩む。

ばななん

きのうのマーケット

2010/03/08

お天気は雨でした。

ま、のんびりだろうな〜、なんて覚悟が全然足りなかった、、、。
あんなにたくさん来てもらえるなんて、思ってもいなかったので、私もセスもそれぞれ2本の手じゃ足りない!でした。。。
なんかセス見てもぐるぐる回ってるみたいに見えて、、思い出しました。
パリのある寿司屋に一ヶ月働いてた時(ぞうきんのようにこき使われてました、はい)厨房にいたコンゴから来てたおっきいエティエンヌ、ランチ時にめっちゃくちゃ忙しくなった時、てんぱっていましたから、厨房でただ、ただ、一人、ぐるぐる、ただ回っていました。ほんとうにぐるぐるぐるぐる。
笑えた。
きっと何からどうやったらいいか分からんかったんだと思う。うんうん、分かる、その感じ、でした。
そして、昨日のセスがそんなふうに見えた。ま、ほんとに回ってなかったから良かったけど。一応意味のある動きしてました。

私は先週、もう育児に疲れ果てていて、は〜、やっぱり育児なんて私には向いてなかったんだわ、、と途方にくれていました。
ようすけにも「ママおこりんぼ」なんて言われたり。
どこかで「育児の大変さを事前に分かれば誰も子供なんて産まない」なんて読んだら、そうだよな〜なんて納得してしまったり。
大変だよそりゃ〜。
自分の子供が可愛いし、大事なのはもちろんだけど、なでて、よしよし、なんてそれだけじゃすまないもんなぁ。
寝てる顔見ては、「あ〜今日もごめんねー、怒ってばっかりだったよなー、ほんとはようすけのこと大好きなんだけどなぁ」と反省。
考えたら不思議なんだけど。
自分よりも大事な物が出来て、それなのに、ああ、もう!ってなるなんてよ。
考えるといつも思い出す。
ようすけ産んで、助産院で入院してた時に見た夢。

どこかの見晴らしの良い、屋上にある小さい部屋に友達2人と逃げ込んだ、宇宙人から(いつもこんな夢みてるワケではない)。捕まったら何されるか分からない!殺されるかも!そんで、ドアも窓も鍵締めてぎりぎりセーフ、助かった!窓まで宇宙人が追いついてるけど!、、、そして窓から見ると、遠いところで産まれたばかりの私の赤ちゃん(まだ名前もなかったし)とセスが宇宙人に捕まってUFOに入れられるところ、、。「あかん〜!!待って〜!!私の赤ちゃん!(と、セス、、)」その瞬間、私はドアを開けてた。

そこで目が覚めて自分でびっくり。
そうかー、私は自分の命よりも大事なものを持ってしまったんだー。
何も考えもしないでドアを開けたよなぁ。
強くなったのか弱くなったのか。
自分の命より大事なものをもってしまった弱さと、母になってなんでも出来る強さを持ったんだな、と。

昨日のマーケットの忙しさで私、とても元気になりました。
疲れるどころか元気になりました。
たくさんの人が来てくれて、あまりゆっくりは話せなかったけど、色んな人と話して笑って、あー私にはこれが必要だったんだな〜と。

たくさんの人にいいもの、安心なもの、選べるように。頑張って農薬使わずにお野菜作ってる人、応援しよう。いいもの選べば、体もこころも元気になるし。なんてこと、伝えたくてやってるんだけど、私が一番みんなに元気をもらいました。あれ?うふ〜、良かったのかしらん。

たくさんの人に来て頂きました。

ありがとうございました。
一人一人に感謝です。

ばななん

3月の味噌仕込み

2010/03/01

むふふふー。
結構満足。でも行き着くところはまだまだ道のり遠いけど。
一応つるりん、と焼き上がると嬉しい〜!

今、お味噌の仕込み中。
って第2弾のお豆が炊きあがるの待ってる。
こんな余裕こいてていいのか?初味噌なのにな。
しかも3月突入してしまった。
大丈夫か?

どうどう???いいのか、これ??
これからまだ第2弾が入るんだけど。
ほんとはようすけも一緒にぶち投げる〜って楽しみにしてたけど、寝る前に間に合わなくて。
ま、明日は「一緒にパンケーキのたねを作ろう!」ってごまかせるかな、、。

この容器も、やっと購入。
容器はどこで買おう。田舎の物置に使ってないのが残ってたはずなのに、あー、間に合わない。
なんて色々考えて、まず行ったのが近くのホームセンター。
容器の入れる部分は私が想像してた感じの茶色い陶器。
でも、蓋が。
ガラスって〜〜 なんか違う。中が見えるのは便利かも、だけど、持ち手が飛び出てて上に何か置けないよなー、と。
しかも割れたら、、とか考えると、ブブーーっ。
そして近くの商店街の金物屋さん。
ううー、そんなんなんだけど、大きいの欲しいからすごく高いーー。
そしてビブレへ。
この頃、野田琺瑯の商品を置いてる。
ひゃは〜〜〜、これ!ちゃんと蓋もまっすぐで上にちょっと物も置けるや〜ん。
これまたお高いけど、一生もん、一生もん、と自分に言い聞かせ(?)決まり〜〜!
何でも形から入るからねー、私(笑)。でもやる気が全然違ってくるしー。
セスに何て言われるだろう、とちょっとどきどきもしたけど、「ふん、いいんじゃない」。ほっ、、。

豆を潰しながらふと思う。
これは白みそ??合わせ味噌?
それからなぜか、「おばさん」について色々頭をめぐる。
この頃の子供は「おばさん」とか「おばちゃん」ってあんまり言わない。
気を使ってるのか??
ようすけなんか「おばさんってゆうた人がおばさんやで!そんなんゆうたらあかん!」と。
そんなこと私がゆうたんかなあ。
でもようすけのお友達にも“おばちゃん”なんて呼ばれたことない。
「よーすけのおかーさ〜ん」とな。長くて申し訳ない、、。
私が子供の頃なんて、30才過ぎたらおばちゃんの域やと思ってたのに。
子供は言わないのに、子供連れてるお父さん(とかおじいさん)に「ほら、おばちゃんにどうぞ、して〜」なんて言われたりすると、え?え?もしかしてそのおばちゃんって私の事??!??!!!
てなことになる。びっくりする。
いや、37才なんだから、子供もいるんだから、おばちゃんに間違いはないんだろうけど、さ。
今のママたちは、どうにかして、おばちゃんって言わせないようなオーラを放っているんじゃなかろか??とか考えたり。大豆潰しながら。
いや、でも先進国なのに男尊女卑がまだまだ根付いてる日本。
きっとこのまま行くと、おばさん、の使い方が変わってくるんではなかろか、と行き着いた。
子供達はもう分かってるんだよ。きっとね〜

おっと〜、また大豆が吹き出した。
やっぱり圧力鍋で炊くのはタブー?

ま、初だから、何でもありやな。

ばななん