新年!

明けましておめでとうございます。

お父さんの盆栽の紅梅がちょうど元旦の今日、初めて咲きました。
めでたい梅です。

正月はやっぱりなぜだか、昨日の年末とは気分も空気も違ってるみたいだから不思議。
この年が変わる瞬間だけはいつもゆく年くる年を見ていたい。
世の中とつながっていたいのかもね。
いつも田舎で年を越すのだもの。

セスもすっかりこのうちの年越しに馴染んでる。
もともとイベントに馴染みのないうちで育ってる人で、誕生日も宗教的なお祝いも何もない。
ユダヤ系であってもハヌカは奇麗だから気が向いたらやる、ぐらいの感じ、かな。
誕生日もクリスマスもしっかり楽しみたい私とは長年もめたことの一つ。
今ではお互いちょっとずつ妥協してどうにか落ち着いたよう。
この間のクリスマス、24日にクリスマスディナーはやるもんだと思っていた私だけど、クリスマスディナーはほんとは25日にやるもんだ、ってセスに言われ続けると、もういいや、と思ってご飯とみそ汁とヒジキ煮と、、。アメリカからの泊まり客もいたりして、ま、これの方がいいか、ってのもあったりして。でもそいじゃ、25日は鳥でも食べてみましょうよ、とヒジキ煮の残りも並べつつ、鳥のシチューも。これが大好評。クリスマスは関係なく、だけど、彼らには。そして、2人してユダヤ系ってこともあって、「そういえば、ユダヤ人はクリスマスディナーは中華レストランにみんな行く」なんてユダヤ人のジョークを思い出して2人で笑ってた。ま、どのレストランもお休みってこともあるし、開いてるのはチャイニーズだけだし、でもユダヤ人はなぜかチャイニーズレストラン好きな人が多い、らしい。どっちにしてもこの人たちはどうでもいいみたい。泊まってた彼も、あ、そういえば今日はクリスマスか、と。今晩も、また今晩も、と結局、クリスマスもようすけの誕生日も一緒に祝って行ってくれた 笑。

昨日から日本海側は大雪。
でもその前にセスとようすけとお母さんと野いちご穫りに。
もう雪は降り始めてたけど、わ〜わ〜いっぱいあるう〜〜、となってる時はうまい具合に雪もちょっとやんでてくれた。

風もすごかった。このトンネルの中の落書きがすごく上手なの!しょっちゅう内容も変わってるんだけど、いつもレベル高い。

始めは寒くてしぶしぶ出かけたようすけも野いちごいっぱい見つけると、どんどんテンション上がって来て今度はなかなか帰ろうとしない、、。

ほ〜ら、4人でこんなに。すごく美味しいってもんではないんだけど、ようすけはスプーンでせめて来た。ジャムにしたらほんの少しになったけど、これが格別。
家に入ったら雪はますます激しくなって大雪。どんどん積もってきた。

ようすけもこの日ばかりはしっかり昼寝させたら、夜しっかり起きてた。となりのお寺で除夜の鐘を一緒に鳴らしに行くって頑張った。
そして夜の11時、セスが、ソリしに行こう〜♪、だと。
ええ〜!?風邪ひくで〜!
と言ったものの、楽しそうで見に行くと2人できゃっきゃと楽しそうに夜中に遊んでる、、。

あまりに楽しそうで私も参戦。ようすけと一緒に「ぎゃははは〜〜」
さらにエスカレートして裏の山のお地蔵さんの前の坂でも「ぎゃははは〜〜〜!」
びっくりされてたでしょう、、。
あぁでも楽しかった〜

そしてようすけは初のスノーエンジェルにも挑戦。
かわいすぎ、、。


セスのはやっぱりLサイズで。これかなり笑える。
ようすけに、ママもやって〜、と言われたけどさすがにこれはやめといた。
服によったらやってたかも、だけど。

眠気もふっとんで余裕でようすけも一緒に除夜の鐘をつきに行った。
隣なもんだから、鐘が聞こえ出して、さあ、行こうか〜、でも間に合う。

終わりよければ全てよし。
家族で楽しく年を越せて良かった。
そして年明け。
寝不足で起きて来たようすけの元旦早々の朝。
「違う〜!違う〜!」泣き叫んで起きて来た。
あぁ、今年も思いやられる、、。
先輩ママ、まさっちに、「3才って大変やな〜。なんかこだわりが強くてずっと怒ってるわ、、」なんてぼやくと、4才も続くで、とあっさり、ばっさり。
年始からこの言葉がずが〜〜ん、と頭に思い出されて来たー。
いや、でもちょっとどう対処したらいいのか分かってもきたけどよ。
彼らは真剣なんだよ。強い意志があるのだよ。
聞いてあげるしかないんじゃないか。
そして愛もあるのよ。
わ〜わ〜泣いて、鼻たらしてぶんぶんに怒ってても、「ママのこと大好きやのに!もう!」だって。もう一緒に泣きたい。
ああ、どうして人はつまらない大人になるのでしょう、って思わずにいられない。
大人になっても真剣に怒りながら泣きながら大好き!って言えたらどんなにいいだろう。
まだまだ私も子から学ぶ事ありそうです、、。

ばななん

広告

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。