Archive for 2009年9月

秋の収穫〜〜、いも!

2009/09/30

この間田舎へ行った時に、ようすけも一緒に芋ほり。
セスは仕事で行けなかったからようすけ頑張ってくれ〜、
と、思ったんだけどーー。

やる気満々で始めたのもつかの間、10分ぐらいして、「よーすけ、も〜終わり〜〜〜」とな。
がっくし。

DSCF4370

DSCF4371-2

ジャガイモと違って、あんまり掘り起こさなくていいから、簡単にとれるのに。
私は出来る事ならぜ〜んぶ掘りたいぐらい楽しかったんだけどな。
おじいちゃんから代が替わって、無農薬栽培から「自然(放置?)栽培」に変わった?
この写真の畑はそんなでもなかったけど、もひとつの畑のお芋はつるが見えないぐらいに雑草がいっぱい!!!うへ!ほんまに芋あるんか?
ははは〜、なんて笑ってたけど、、、掘ってビックリ。
大きいお芋がどんどん出て来るーーー。
楽していっぱい、こりゃいいや。
でもお米はこうはいかなかった。
ヒエやら粟がぐんぐん伸びて、お米の収穫は2〜3袋少なかった。
そりゃ無農薬も大変だよね。これでも除草剤一回まいてるんだもん。

アイガモ農法ー。
とても魅力的だけど、京都に住みながらそんなこと、言えないよねー

ばななん

9月のフリマとトラやん

2009/09/17

DSCF4309

ゴーヤくん、ぐんぐんのびてます。とれとれです。
これ、八百屋泣かせですね、簡単に育つもん。

今月のフリマ、久々に雨で人がまばら。
それでもなんだかんだ人が来てくれましたね。

DSCF4294涼しくなって久々のおだぱん。
やっぱり美味しい、、。天然酵母と国産小麦でほんとうに美味しいです。
生キャラメルケーキもありましたよ☆うふ。

そして、恒例になった10分屋(自称)。謎の整体師K先生、ってゆうておきましょか?(笑)
DSCF4292
10分500円。みんなふにゃふにゃになって満足げに出て行かれます〜

そして、こないだは久々にセスと2人でお出かけ。
ずっと行きたかったやなぎみわさんの展覧会。
ベネチアビエンナーレで出品されてる作品がすごく見たくて。
大きい!豪快!きもちいい!
気持ちいい、ほんとに。なんてゆうのか。
どきどきして涙が出てきます。
ぜひ、見てください。

ようすけはこの作品のポストカードのおっきいオッパイみて、
『ようすけのオッパイとどっちがおっきいやろ?』
はあ〜ん!?!?
本気でくらべて見てました。

DSCF4272

そして、展覧会会場の国立国際美術館にはトラやん。
ここ数年、どこにいってもトラやん。
もちろん見に行ってるのもあるけど、去年NY行った時にも向こうでも偶然展覧会やってられて、NYでもトラやん。造形大でもジャイアントトラやん、みわさんの展覧会会場にもトラやん、そのあと、メグちゃんのLOTUSROOTSへお昼に行こうと思ったら京阪の駅にもトラやん。

DSCF4300

外に出たら、竜が橋の向こうにー。

DSCF4303

そして、トラやん好きのようすけは早速チラシを見つけて、「これなに!これなに!」
「これヤノベさんはいってはるし、ヤノベトラやん(呼び捨てスミマセン)ヤァ!ハァ!シュワッチ!ほんでこの竜のんがグワワー!!シャァァー!、、、、、」
結局、また今度はトラやんめがけてお出かけになりそうです。

ばななん

2009.09.16.晴天!

2009/09/16

DSCF4273
全然育たなかった、パキラ。以前に持ってたのはすぐに枯らしてしまった。
そしてこのパキラ、冬の間には見るも無残につるっぱげ。
でも今回のは、ドイツに帰って行く友達に託されて、枯らすわけにはいかない。
そしたら、こんなに元気に!
このうちも植物がよく育つようになってきたみたい。
いい空気が流れてきたのかな〜って。

色々あったけど、なんだかたくさんの人に心配をかけてしまったようで、スミマセン。
元気です。
元気なもんで、普通に動いてたら、これ、あかんのやとやっと教えられました。
流産後は出産後と一緒であんまり動いたらあかんて。
自転車乗っておりましたがな。
そういや産後の様に、骨盤ががくがくするはずだわ。
病院ではそんなこと一言も言ってもらえなかったよ。
もっと色んな情報が欲しい。
それは産後のことも一緒だけど。産んだら終わり、みたいな感じがあるものね。
ちょっと寂しい。

赤ちゃんのことは思い出そうとか、考えそうになってもまだまだ心の奥底に隠れて蓋をぴったり閉められて、まったく出て来ません。
それより家族や友達の一言一言が暖かく、思い出しては涙が出ます。
心配かけすぎました。スミマセン。
胃の調子もなんか急に良くなってきました。
どんどん回復しています!
ありがとう。

ばななん

おつきさま、おつきさま

2009/09/07

信じられない。
昨日は、セス’sカフェだから余裕だ、そして、写真もゆっくり撮れる、と思っていたのに。
しかも、途中で、「あ、やばいやばい、写真撮り忘れてる」って思い出したのに。
忘れた、写真撮るの、、、!!!
何だ!私!

体調が悪く、妊娠初期のしんどさと流産しかけで、気分も体調も絶不調だったから、急きょセスにカフェをやってもらうことに、決めてたんだけど、この満月にお腹の赤ちゃんはひっぱって行かれたように、もう行ってしまった。

あっとゆうまに終わって、それからは何もなかったような、体も心も不思議とすごく軽くなって。とても元気なのです。空元気でもなくって。
自分でもとても不思議なんだけど、元気なのです。
後でくるのかもしれないけど。
今まで「流産」なんて聞こえも悪いし、なんとなくタブーな話題だと感じていたけど、色んな人と話して、話を聞いて、もっともっと情報があってもいいのに、あった方が良いと思った。
家族が、友達が、うんうん、って話を聞いてくれて、涙を目に溜めて聞いてくれる友達がいることが、とても嬉しくて、有り難くて、たくさん慰められた。

夜中にふと目が覚めた。

満月ですごく明るくて眩しいぐらいやった。

は、と思い立ち、カレンダーをめくる。
見てなんかどきどきした。
4月にあかんかった時も満月のすぐ後やった。

ようすけを産んだ時は、予定日を過ぎて、満月もどんどん過ぎてからようやく産まれて来た。
太陽を待ってたみたいやった。冬至が過ぎた朝に産まれた。
太陽の子なんやなー。

自転車に乗って、出て来たのを(何て言えばいいのか)前かごに入れて病院へ走ってると、この世に命は持って産まれてこれなかったけど、この我が子とのお別れをしに行くために私はペダルをこいでいる、と思うと勝手に涙が出て来た。
一晩、冷蔵庫に入ってて寒かっただろう、ゴメンね、とも。
いや、でも、もう命はとっくに天国に行っているんだから。
私たち3人の家族の事を天国から見守ってくれてる。
全く汚れてない清らかな命のままいった赤ちゃんがふたり、だね。
ありがとう。

来月は中秋の名月。
ようすけと月見団子を丸めて作ろう、と思った。

ばななん